« 新曲とテレビラッシュ | トップページ | テレビ出演まとめて感想 »

2016年6月 6日 (月)

『64前編』の感想

ああ、また1週間たっちゃいましたcoldsweats01

ここを読んでくれてる方は、Twitterも見て頂いてるのでしょうか?

ここで音沙汰ない時は、ぜひTwitterを覗いて下さいね(^^)

何かしら毎日つぶやいてますので。リツイートも多いけど。

 

さて、金曜日は『64 前編』2回目を観てきました。

どちらにも感想書いてなかったけど、実は1回目の時、話がちょっと難しくて・・・

私が馬鹿というか無知なせいもあるんだけど、

警察と記者クラブの関係、刑事部と警務部の関係、県警と本庁の関係などがややこしくて

よくわかんなくて、???だったんです。登場人物も多いし。

そのせいもあって、ちゃんと話に入り込めなかった感があったんです。

帰ってきてから、公式サイトの相関図の1人1人をクリックして読んだり、

数日後、こちらの映像を観たりしたら、だいぶわかってきました。

なので、2回目はちゃんと話に入っていけたし、とてもよかった。

2回行ってよかったなと思いました。

でも、前編のストーリーは、64の事件話よりも、警察内の対立の話の方がほとんど。

ん?って気もするけど、三上の人となりや心情が変わっていくところを重視してるのかな?とも思う。

前編のラストに、64を模倣した事件が起きるけど、同じ犯人? 違う人?

これも過去の事件も、両方とも解決するんだよね?

ラストは原作と違うと聞いたけど、原作も知らないので、予想もできませんが。

何度も映る、フライヤーにも載ってる、ポツンと立つ公衆電話ボックスとか、

終盤に映った雨宮の指先の傷跡(タコみたいな?)とか、

模倣事件が起きた日に電話がつながらなかった雨宮とか、

いろいろ気になる点がありました。

後編も楽しみです!

そして窪田くん。

冒頭から出てきたので、ちょっとびっくりしました。

日吉は、出番は少ないけど、重要な人物。

事件当時と14年後の現在、の2回、泣くシーンがあるんだけど、

本人も言ってたけど、

数少ないシーンの出演で、気持ちをここまで持っていくのは大変だっただろうなぁ

って思いました。

でも、胸がしめつけられる泣きでした。

三上の一言だけの手紙がまたよかった。あれだけで、どんだけ救われたか。

ただ、14年後のビジュアル、引き籠りだから、だいたいの予想はしてたけど、

なんかすごい髪の毛と髭で、誰sign02 って感じsmile

窪田くんだと知ってない人だとわからないかも。

なんか後から思い出したら、昔のミュージシャンのような感じでもあるなぁって思ったsmile

後編の出番はどれくらいなのかわからないけど、日吉くんが立ち直ってくれることを

願ってます。

そうそう、エンドロールのクレジットの順番が、広報室メンバーの後ぐらいだったかな?

結構上に出てきて、ちょっと驚いた。

出番的にはそんなにないのに、主要人物だからなのかな?

ちょっと嬉しかったけど(^^)

もう4週目の終わりで、平日なのに、ぎりぎりに入ったら、8割がた埋まってて、びっくり。

まぁ、部屋自体は小さい部屋になったけどね。

両隣、おじさんで(おじいさんぐらい?)、うっ!て思ったけど、こういうの貴重かも?coldsweats01

今週もまだ1日に4回やってるし、このまま土曜日からは後編だし、すごいね。

後編は13日(月)に観に行く予定で~すnote

 

今日は『ダ・ヴィンチ』を買ってきました。すごいボリューム! これから読みま~すnote

そして、明日は『シアターカルチャーマガジンT.』を車で35分以上かけて取りに行ってきます。

やっと見られる~note

公式さんがあげてる写真以外の写真がまたすごいらしいんだけど、

TLやインスタでがんがん流してる人がいるらしい。

そういうのはやめよう!って言ってる人もいるんだけどね。

私も回避しようと、最近は、”窪田くん”検索はしないようにしてるので、

このまま明日までいきたいと思ってます(^^)

 

« 新曲とテレビラッシュ | トップページ | テレビ出演まとめて感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

窪田正孝」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ツイッターも見てますよ(^O^)/
情報が早いし、アル中さんたちのつぶやきが秀逸で、面白すぎですね。

『64 前編』、私は公開初日に観に行きました。確かに年齢層高めでしたね。
ほぼ満席で、大盛況でした。
いやいや、無知なせいなんかじゃないですよ〜。
作者の横山秀夫先生は元新聞記者で、硬質ですが大変読みやすい文章を書く作家さんです。
それでも原作を読む際、何度も戻って登場人物の名前や肩書きを確認してしまいました。
警察小説にありがちな、キャリアVSノンキャリアという構図に、刑事部VS警務部という構図が被さっているので、余計に分かりづらいのだと思います。もちろんそれを凌駕する内容ではあるのですが。

いつも思うのですが、泪様鋭い。
細かい伏線を見切ってますね。私は指先の傷跡を読み流してしまいましたよ。
窪田くんが日吉の役を演じると聞いて、難しい役だからこそ、彼が選ばれたのかなと思いました。
瑛太さん演じる新聞記者とか、三上の部下などもお似合いですよね(^O^)

そう、出番は少ないけど重要人物。三上の変わりゆく心情に、一番の影響を与えた人物だと思います。
ラスト、どう変わるのか気になりますね。変えようがあるのかな?
ドラマ『JIN 仁』、大好きだったけど、ラストは原作の方がよかったし。
個人的好みの問題もありますが、納得のいく結末だといいなと思います。後編も楽しみですね!!

>はるかさん
ツイッターも見てくれてありがとう~heart04
うん、ALFEEファンって面白い人多いですよね。

『64』初日に観に行ったんですかー。すごい!
前編は今週5週目で、土曜日から後編が公開だけど、
こちらの映画館ではまだ前編をやる予定になってます。
すごい人気ですね。
そして、原作読んだ方でも難しいんですね。ちょっと安心しました(^^) ありがとうhappy01
ほんと、警察組織の内部話はややこしいです。
キャリアVSノンキャリア、それもよく出てきますよね。

えっ、私、鋭いですか? ありがとうございます!
いやいや、でも本だとどこが重要かわかりにくいですが、
映像ものは、重要なもの、伏線になるものをアップにしたり、映す時間長くしたりとかがあるので、
よーく観てると、あっ、あれがなんか意味あるんだなって気付くことができますから。
もしかして雨宮さんが?って思ったけど、まさかねぇ。
いえいえ、ネタバレなしで観に行きますよー。

”難しい役だから”と選ばれるのは、俳優として嬉しいですね。
『MARS』の牧生役もとっても難しい役ですし。
いつも窪田くん、「与えられたものを倍にして返したい」って言ってるんです。
だから、いつも私たちの予想の上をいくものを見せてくれる。
まだまだ彼は進化しますよ、きっと(^_-)

あらっ、ドラマ『JIN』のラスト、原作の方がお好きなんですねー。
私もこの原作は読んだけど、ドラマ版のラストの方が好きです。
『64』はすっきり終わるのかなぁ? 映画観たら、原作のラストを調べちゃおうと思いますsmile
13日に観に行きま~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新曲とテレビラッシュ | トップページ | テレビ出演まとめて感想 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ