« 昨日の窪田くんと、最終回と、謎のカウントダウン | トップページ | 『anan』の大沢さん »

2015年9月14日 (月)

『デスノート』最終回

いやぁ、すごかった~~~

窪田くんの演技に圧倒されっぱなしでした!

最高に狂ってて、壮絶で、無様な最期だった・・・。

はいずりながらノートを取りに行く顔、最近の美人さんが跡形もない、すごい形相で、

目の下の涙袋がすごい腫れてた。

目力入れ過ぎで、あの撮影のあと、充血しちゃったのでは?と心配しちゃったほど。

頬はすっごいこけてるし

こんなに疲れる役やったんだから、しばらくはゆっくり休んで、

大好きなお肉いっぱい食べて、ふっくらなお顔に戻してほしいなと思います。

お疲れさまでした!

もうツイッターやネットでは、窪田くんの演技に絶賛の嵐です!(こちらこちら等)

立派な代表作になりましたね。

最初はぶーぶー言われた、このドラマ版ですが、

窪田くんの熱演で、視聴率も徐々に上がっていき、素直に楽しむ人が増えました。

昨日の視聴率もよかったですし。(まぁ、ラストだけ気になるって観た人もいるでしょうけど)

でも、月の言い分、狂ってるけど、間違ってるけど、言ってることは一理あるし、

平和な世界を作るため、今までの犠牲を無駄にしないため、

最後の最後まで諦めなかったという意志の強さは凄いなと思いました。

最初の頃の月は、頑張ればもっとできるのに、ほどほどでいいという

ちょっと無気力な子だったからねぇ。

平凡で優しい子という設定が、さらに悲劇性を高めていたドラマ版でした。

そういや、ラスト、もしかしてノートが先に燃えちゃう?と心配しました。

同時でよかった。狂ったまま死ねて。

ああ、なんかとりとめなく書いてしまいました

でも、先が気になってしょうがない、1週間が早く過ぎてほしい、

リアルタイムで観なきゃ気が済まない、

やっぱ、ドラマはこうでなくっちゃ! そういうドラマが観たいのよ!って思います。

窪田くん、次のお仕事は何だろうなぁ。楽しみです

 

ここ読んでる方には、大沢さんから窪田くんに乗り換えたように感じるかもしれませんが、

そういうわけではなく、好きな人が1人増えたっていう感覚なのです、私にとって。

でも、雑誌を買い集めるとか、ファンクラブ(まだないみたいだけど)に入るとか、

そういうのはちょっと違うかなって思ってます。

演技とバラエティが観たいの。そんなファンの仕方もあるかなって(^^)

 

そして、重大発表は、『DEATH NOTE 2016』の発表でした。

映画版前作の続き、10年後という設定らしい。

藤原くんと松ケンが映ったので、その2人が出るように感じた人もいるでしょうが、

2人とも死んでるし、歳とってるので、それはないだろうと思います。

それと、最終回番宣で、窪田くんが「この役を演じるのも最後なので」みたいなことを

言っていたので、ドラマ版のキャストもないんだろうと思ってました。

全て、新キャラクターで、新キャストでやるんだと思います。

リュークだけは引き続き出るんじゃない?

誰が出るんでしょうね? またまたプレッシャーでしょうね。

で、6冊のノートだって? なんだかなぁ・・・

それって面白いか? ちょっと興ざめだけどなぁ。数が多けりゃいいってもんじゃない。

まぁ、ストーリーとキャスト聞いてから、観るか決めたいと思います。

 

« 昨日の窪田くんと、最終回と、謎のカウントダウン | トップページ | 『anan』の大沢さん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

窪田正孝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の窪田くんと、最終回と、謎のカウントダウン | トップページ | 『anan』の大沢さん »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ