« 2013秋 名古屋センチュリーホール | トップページ | 感動と緊張のフィギュアスケート全日本選手権 »

2013年12月20日 (金)

頂きものと、『続・星の金貨』と、あれこれ

先日のALFEEのコンサートの時に会った友達が、これ↓をくれました!

To1_2

LAWSONでもらえるフリーDVDのようです。

彼女は宝塚のファンでもあるので、そっち目的で持ってたそうです。

2007年『Life 天国で君に逢えたら』のインタビュー(大沢さんと伊東美咲さん)が

ちょっとと、映画の予告が入ってました。

To2

これ、映画のプロモーション時ではなく、撮影時にインタビューしたものですね。

2人も日焼けしてるし。

この時の大沢さんって、役作りもあって、体も大きいし、

それに合わせて?顔もちょっとパンパンな感じ?( ̄ー ̄)ニヤリッ

病気になってからのシーンは、逆に体重落として撮影したそうだよね。

 

レンタルの方は、先日、お試し期間ぎりぎりで返却したところです。

やっと『続・星の金貨』がすべて観終わりました!

結構、涙、涙・・・でしたねー。中盤、3話ぐらいまとめて観た時は、目がはれちゃって(^_^;)

ちょうど出掛けない日で助かったけど。

はっきり言って、突っ込みどころもいっぱいあるんだけどねぇ。

それでも惹き込まれてしまうドラマってありますよね。

『続』の序盤は、拓巳の方が素直にまっすぐ彩に想いをぶつけてて、

かわいく感じたりしましたが、秀一は、いろんなことを受け止めることができる人、

人のことも考えられる人なのですよね。

ああ、いかにも、長男らしい、末っ子らしい、兄弟だなぁと思って観ていたら、

終盤でそういうセリフがありましたね。

それにしても、美しい兄弟の、美しい兄弟愛の話でもあったなぁ(^^)

ラスト、矢上が兄弟の絵ばかりを書いていたのは、きっと、

本当は兄弟で仲良くしたかったんですよね。

それなのに、その弟を殺してしまったことで心を壊してしまったんですね。

じゃあ、秀一と拓巳の、お互いを思い合う仲に嫉妬していたのかもしれないですね。

 

それにしても、悲劇過ぎるお話ですよね。

彩は障害を持っているのに、でもとても綺麗な心を持っているのに、

どうしてこんな運命なんでしょう。こんなの、神様、ひどすぎるよ!って。

やっと幸せになれるところだったのに。

でも、これでハッピーエンドだとやっぱりドラマ的には合わないので、

悲劇は悲劇で終わるしかないんだなと思いました。

 

さて、今夜は『おおかみこどもの雨と雪』、地上波初!ノーカット放送!です。

録画はセットしたし、話的にはあまり・・・なので、序盤しか観ないかもだけど、

たくさんの人に観てほしいなと思います。

次は、買った『深夜特急』を観たいのですが、もうそんな時間がないかも~(T_T)

年を越してからになっちゃいそうです(^_^;)

 

えっと、話はALFEEに変わりますが、

先週のコンサートの後、初めて、スペインバルに行きました!

お酒も食べ物もおいしかったぁ~! 満足、満足! また行きたいです。

(今回は久しぶりに車を置いていったのです。)

そして、終電に乗ったら、すごい混みようで!

地元の駅に着いてタクシーに並んだら、こっちもすごい列で、

寒い中、友達と2人、30分待ちましたわ。おそるべし!忘年会シーズン。

そうそう、この日のチケットは無事売り切れてました!

「チケット譲って下さい。」の方もいたし。素晴らしい!

来年のチケット代、”7000円”の文字を見た時、

あれ?値下げ?って思っちゃったけど、税別の表示でした(^_^;)

そう、だから、3月末までに買うと7350円、4月になってからだと7560円になるわけ。

なんか変な感じだね。

4月分は間に合うけど、6月分は4月になってからの予約だろうなぁ。

 

今日で学校が終わりですね。

冬休み、お正月と、主婦は忙しいですが、皆さん、頑張りましょうね!

私は、帰省もしないし、のんびりしたいなと思ってますが、どうかな。

 

« 2013秋 名古屋センチュリーホール | トップページ | 感動と緊張のフィギュアスケート全日本選手権 »

THE ALFEE」カテゴリの記事

大沢たかお」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013秋 名古屋センチュリーホール | トップページ | 感動と緊張のフィギュアスケート全日本選手権 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月と星と

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ