« この愛は消えない(ALFEEツアーファイナル) | トップページ | いよいよです! »

2013年6月27日 (木)

ライブのついでに、ロケ地確認

日曜日、ALFEEのライブに行きつつも、大沢ファンの心を忘れてない私。

今回のライブ会場は、名古屋国際会議場センチュリーホール。

『藁の楯』でロケに使われた場所なのです。

ま、大沢さんは出てないシーンだけどね。

新神戸駅で、機動隊と乗客がワーッと階段を下りるシーン。

Yokoku_2

↑予告シーンより

ここを確認してこようと思ってました。

ここです↓

Genba

右側の青い行き先表示?は、貼りものですね。

この会場には、もう20年以上前から来てるので、予告の時から、

ピン!ときたんですよ。ここでのエキストラ募集も見てましたので。

でも、こんなぜんぜん関係ない場所を駅の構内に見立てることを思いつくなんて、

ロケ班の方はすごいですね!

しかも、この階段だけ、ピンポイントで使ってるんですよね。

だって、この回り、ぜんぜん駅には見えないですから

Photo

↑これ、ちょっと某所で画像をお借りしました。

真ん中あたりの回ってる階段がそれです。

ね、ピンポイントでしょ。

 

« この愛は消えない(ALFEEツアーファイナル) | トップページ | いよいよです! »

大沢たかお」カテゴリの記事

コメント

20年以上通ってる(^^)さすがですね☆
台湾のどこかの駅かと思ってました〜

裸にしたい男などのドキュメンタリーを観ると、ひとつの作品にたくさんの人、思いがつまって完成するんだなぁ…って改めて感じます。大沢さんがよくお話される「スタッフ、キャストが力を合わせて…」の言葉の重さがわかった気がします(^^)

へぇ~~~そうなんだぁ~
この場所を発見して駅に見立てるとはすごい想像力
でも意外と駅っぽく見えるよ、うん
名古屋の高島屋のあるコンコースあたりに見えない??

>プチトマトさん
調べてみたら、1990年からずっと名古屋地区ではこの会場を使ってるんです。
特に春ツアー。93年からずっと春は名古屋がツアーファイナルだし、
良い思い出がいっぱいです(^^)
 
本当にそうですね。
1つの作品作るのに、本当にたくさんのスタッフがいらっしゃるんですよね。
表立って見えないところで、どれだけの人の力が働いていることか…。
ALFEEでも、上に書いたとおり、春ツアーはいつもファイナルなので、
たかみーがいつも「スタッフに感謝の拍手を!」って言うの。
みんなで大きな拍手を送ってると、自分たちでも温かい気持ちになります。
そこがファイナルの良さでもあります。


>mayuさん
そうなのよ~。私たちからすると、不思議な感じだよね。
今回の映画は、名古屋地区でほとんど撮影してるので、
他にも見覚えのあるところ、あると思うよ。
って、映画観てくれた?
名古屋ロケーションナビってところが全面協力してるので、
そこの人がここを見つけたのかもしれません。
高島屋のコンコース? 確かに。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この愛は消えない(ALFEEツアーファイナル) | トップページ | いよいよです! »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ