« 『藁』3回目と、初の声優 | トップページ | やったよ!ファンミ〜! »

2013年5月17日 (金)

『藁の楯』感想

書こうと思いつつ、今頃になってしまいましたが、『藁の楯』の感想いきまーす。

まだ観てない方にはネタバレなしで観てほしいので、

ネタバレありの感想は下で書くことにします。

私は、試写会で1回、映画館で2回観ましたが、

もう試写会で観た時から、すっごく面白いsign03 と気に入りました。

私は原作も読んでないし、どう終わるのかのネタバレもぜったい知りたくない!と、

あまり情報を入れずに観ましたが、それは正解!でした。

えっ、どうするの? どうなるの? 誰なの? えっ、そうだったの? と、

ずっとハラハラドキドキしっぱなしで、ぐいぐい惹き込まれて、

一気に時間が過ぎました。

もう1回目観終わった時は、はぁ~~~・・・ って感じでした。

すご・・・! って。圧倒された感じ。

試写の前にアナウンサーさんが「皆さん、知らず知らずのうちに力入っちゃって、

終わると肩がこってるかもしれません(笑)」って言ってたけど、まさにそんな感じ。

でも、私は好きだなsign03

淡々とした話はつまんないもん。

こうハラハラドキドキして、そして感情をたかぶらせてくれるものが好きだから。

まさか、この映画で泣くとは思わなかったのに、

終盤、もうぼろぼろ涙が流れてしまった。何度観ても、そう。

まぁ、細かい突っ込みどころはあるけれど、話に惹き込まれるので、

それほど気にならないと思います。

まだ観てない方、この映画が気になってる方は、

ぜひ、余分な情報(ネタバレとか、他人の感想とか)を入れずに、観に行ってみて下さい。

 

では、観た方はネタバレありの感想をどうぞ! ↓

 

 

 

 

 

 

まずは、大沢さん。

銘苅が感情を爆発させるシーン、素晴らしい演技でした。

えっ、そうだったのか・・・と、真相を聞き、ずっと感情を見せずにいた銘苅が

本当はずっとどんな思いで清丸を守ってきたのかと思うと・・・

もう涙がとまりませんでした。

護送車の中で清丸が言った「結婚とかしてるんですか? 小さい女の子とかいます?」

って言葉、私たちは、”なんだ、こいつ? 何突然、関係ないこと言ってんだ?”って

思うだけだけど、銘苅にはどれだけきつかったことでしょう。

映画を観る前に読んだ雑誌で、原作とは違うラストについて、

大沢さんが「希望のあるラストだと思う」って言ってたのですが、

1回目に観た時はそれが理解できませんでした。

最後の清丸のセリフといい、どこに希望があるんだろう?って思っちゃったんです。

でも、2回目に観た時に気付きました。

あんな状況でも、あんなに警察上部の人間さえも金にあやつられてる中でも、

最後まで理性を持って任務をやり遂げた人間が1人いたということ、

それが希望なのかなって。

たった1人でもそんな人間がいたら、きっとそれを見た人の心は変わっていく。

そう思うから。

 

それにしても、あんなに金に踊らされる人間と、金で何でも買う男(蜷川)、

どうなんでしょう・・・ なんだかなぁ・・・

鑑賞前、新聞広告にどうしてあんなものが載ったんだろう?と謎だったのは、

映画観て解けましたが、そんなに金で動くのかな。

「10億もらえるなら人を殺せるか?」

とたえ、凶悪犯だとしても、普通はできないでしょう。

罪をつぐなわなきゃいけないし、この手で人を殺したという感触はぜったい一生残る

と思うから。

でも、あの中小企業の社長さんのような立場だったら、わかるなと思います。

社員のため、家族のため、あんなに追い込まれたら・・・

そんな心理を利用した蜷川もずるいです。

でも、蜷川も間違ったやり方なのはわかってるんですよね・・・。

 

その山崎努さん、映画ですごいよぼよぼのおじいちゃんになってて、

えっ、いつの間にこんなやつれちゃった? 大丈夫?なんて思っちゃったのですが、

昨日の映画前の予告で、『奇跡のリンゴ』に出てて、普通にしゃきっとしてたので、

ああ、あれはやっぱ演技かーって、ホッとしましたcoldsweats01

病におかされ、衰えたおじいちゃんにすっかり見えました。いやぁ、さすがですね!

 

そして、藤原竜也くんの演技もさすがでした。

予告で観た「俺は2度も殺されそうになったんですよ! どれだけ怖いか、

あなたたちも殺されそうになってみなさいよ!」って清丸のセリフ、

ほんと、予告だけでムカッannoyっときてたけど、

清丸は、幼稚で、本当に本当にむかつく、どうしようもないクズでした。

途中、母親にお金を渡してくれと言ったり、母親が自殺して号泣したりして、

ああ、こいつにも普通の感情があるのか・・・と思ったのに、

その直後に白岩を殺すんですからね、全くもって理解不能です。

ラスト、裁判で死刑を言い渡された後の

「反省・・・ 後悔しています。どうせ死ぬなら、もっとやっておけばよかったって。」

1回目観た時は、もう、ムカっ!とか、はぁ?とかじゃなく、

えっ・・・? と力が抜けました。

こんなやつだったのか・・・ と。こんなやつのために何人の人が・・・ と。

本当のクズだったんだな・・・って。

でも、奥村が「世の中、生まれつきのクズはあふれかえってる」なんて言っていたけど、

本当は”生まれつきの”クズなんていない。

みんな純粋無垢で生まれてくるのだから。

成長する過程で、いろんなことが重なり合って、曲がった人間になってしまうのだ。

  

で、こんな被害者を出さないためには、どうすればよかったのか?と考えたら、

本当なら、清丸をすぐには移送せずに、蜷川を先に見つけて、広告の取り消しを

先にさせるべきだよなって思いました。

まぁ、そうだったら、ドラマがなくなっちゃいますけどねcoldsweats01

現実的にはそうですよね。

 

神箸は、いちばん年下の若造のくせに、ため口で生意気なやつなんだけど、

実はすっごく純粋ですっごく正義感が強いやつでした。

「俺は親じゃないよ。親じゃないけど、あれは許せない。」もよかったし、

護送車の中で清丸に言う

「おまえみたいなやつはな、一生、死の恐怖に怯えてりゃいいんだよ!」

に激しく同感しました。

だって、自分は2人の少女を殺しておいて、あのセリフ(予告の)ですからね。

さっさと死刑にしちゃうのはもったいない。

一生、殺されるかもという恐怖にさらしたままにしてやりたいわsmile

 

よくわからなかったのは、奥村さん。

彼は何の為にお金が必要だったの? 出てきてないよね? ただの金欲しさ?

神箸が死んだ時、ショックを受けてたけど、

自分の情報のせいで部下が死んだんじゃないの!

そうそう、新幹線のシーンで1つ突っ込んでいいですか?

やくざたちが突然発砲した時、普通、キャー!って声があがるはずだよね。

何も声がないのは、すごく不自然だったんだけどsmile

エキストラが台湾人だからしゃべらせるわけにはいかないのはわかるけど、

「キャー!」ぐらいは言えるじゃん。

だって、その後、新幹線を乗り換えるシーンでは、キャーって言ってたし。

 

1人目の被害者めぐみちゃんのお父さんが現れた時の白岩の

「清丸が誰かに殺されるとしたら、この人がいちばんふさわしいんじゃないでしょうか?」

これも同感しました。

彼はきっと10億なんてお金はどうでもよくて、ただ、清丸が憎くて憎くて、

その清丸を殺すきっかけを与えられたことで、行動に出ることができたんだろうから。

子供を持つ同じ親としては、そうさせてあげたくなります。

 

えーっと、愛知県人としては、ロケ地もちょっと気になるところですが、

名古屋の皆さん、新神戸駅の構内のシーンは、国際会議場ですよね?

(機動隊と一般人がわぁーと階段をおりるシーン)

最初見た時から、なんか見たことある所だなぁって思ってたんです。

そういや、あそこでエキストラの募集もしてたし。

どなたか正解を!

 

ラスト、銘苅が刺されるシーン。

ファンの皆さん、またか!と思いましたよね?smile

『ストロベリーナイト』に続いてだもん。

しかも、あの両シーンのロケ地もほぼ一緒なんです! 愛知県庁の前。

2回目の時に気付きました。

あはは! なんかおっかしーいsmile

 

えーっと、あれこれ書きましたが、皆さんの感想も聞きたいです。

ネットの映画レビューサイト等を見ると、マイナス意見も結構あって、

ちょっと落ち込んだりしましたが、感想なんて人それぞれ。

こういうものをあえて見ることはないんじゃないかと思いました。

せっかく、自分が感動していい気分になってるのに、

人の意見に左右されるなんて、つまらないですよね。

余分な情報まで簡単に知ってしまう時代ですからねぇ。

もちろん、自分と違う意見を受け入れる姿勢は大事ですが。

とにかく、私はこの映画が大好きです!happy01

 

« 『藁』3回目と、初の声優 | トップページ | やったよ!ファンミ〜! »

大沢たかお」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ぜひ、見に行ってみようと思います。
参考になりました。

(゚▽゚*)こんばんは~(◎´∀`)ノ
3回も見たんですか~凄いですね~happy01
私は、まだ試写会の1回だけです(ノ_-。)

「よっかいちフィルムコミッション」のサイトに

『 桑名フィルムコミッション様により作成された、映画「藁の楯 わらのたて」ロケ地リポートパネルが、桑名市及び四日市市にて展示されることが決定致しました! 』

と、告知されています。

まだ、期間は未定ですが、名古屋市役所でもありましたネ、ロケナビのが!


試写会では、自分が映っているか気になって見ていたので、今度は、ちゃんと本編を見ます。(゚▽゚*)

はじめまして。私は2回観ました。最初のときはずっと眉間にシワ状態で…。終わったらはぁ〜っと力がぬけてエンディングで色々と考えてしまいました。未遂で一億の人や雇われた人はどうなの?とか…。

2回目も眉間にシワでしたが最後のほうから涙がでてきてびっくり!でした。救いの部分は私は白岩の息子さんと銘苅のシーンかなぁと思いました。

昨日、3回目を観て来ました…\(^o^)/
大沢さんの映画作品でベスト1になりそうです。

1回目→ずっと前のめりでハラハラ!えっ、そうだったの!?なんでぇー( ̄ー ̄)清丸クズ!最低!法廷でのあのセリフはマジに怒りに震えました…(T_T)
2回目→登場人物すべてが間違った事言ってないんだよなーと気づき(清丸以外)、セリフのひとつひとつが胸に突き刺さりました。神箸も最初は嫌な奴?と思ったけどただ職務をやり遂げようとしただけで…終の信託の塚原検事を思い出しました。
銘刈が初めて感情を爆発するシーンは
泣けました…気がつくと隣りの長男も泣いてまして!びっくりです(^^)
あとで聞いたら、映画で初めて泣いたそうです!

3回目→脇役の名演技に感動しました…公安役の音尾琢真さんは、「とんび」にも出てましたね!内野さんの同僚役で。
JINと一緒で誰1人アレ?って役者さんがいないですね〜全員適役(^-^)/です!

まだまだお話したいけど、エンドレスになりそう^^;ではまた♪


こんばんは。GW中に3回観てきました。
面白くて、何回観ても2時間があっという間だったのはすごいです!
ただ、あまりにもツッコミ所満載で、1回目は正直ちょっと萎えました。(-_-;)
まず、いくら10億の為とはいえ、日本人はそこまで踊らされないでしょ、と。
映画の根底の設定に疑問を感じてしまって...それじゃダメですよね。
でも2回目以後は、その辺を割り切って観たので、素直に楽しめました。
何だか清丸がすご~く印象に残る映画でした。
清丸ってクズというより、既に人間ではなく未知の生物に思えました。
ほら、外を連れ歩く時、体にロープをつけて、犬の散歩みたいでしょ?
演じてる藤原くんが可愛い顔だから、外見は可愛いけど、隙を見せると
凶暴化して襲いかかってくる生物を護送してる様に見えちゃって。(^_^;)
人間だとしたら、典型的なサイコパスなのかな?
そんな人間とは思えない人間の為に人生を狂わせられた様々な人たちの
生きざまを描いた作品なんですね。
私は「希望あるラスト」とは、“銘苅の良心”だと思いました。
どんなにお金を積まれても、個人的感情で心が揺れても、人間としての
良心を捨てず、正義を貫いた銘苅の命がけの行為が、最後にやっと蜷川に
届いたということですよね。
それと、まだ見ぬ我が子を失った銘苅と、母を亡くした白岩の息子が心を
通わせて生きていく姿も「希望あるラスト」なのかな。

>吉沢@外国語さん
コメントありがとうございます。
参考になって嬉しいです。ぜひ観に行って下さいね!
 

>???さん
ぜひ、今度はストーリーに入り込んで観て下さい。
そのロケ地リポートパネルは、”三重県での”ですよね。
名古屋市内のもやってくれるといいなぁ。
 

>ゆんさん
初めまして! コメントありがとうございますsign03
レスが遅くなってすみませんm(__)m
 
”眉間にシワ” わかります。いろいろ考えちゃいますよね。
結局、最後まで清丸は反省も何もなくて、死刑確定するわけで、
こんなやつのために、死んだ人や人生を狂わされた人たちが不憫でしょうがなくて、
やりきれない思いになります。
そうですね、白岩の息子と銘苅のシーンも、希望の1つだと思います。
 

>プチトマトさん
レスがとっても遅くなってごめんなさいsweat01
 
おー、今までの映画作品でベスト1ですか!
でも… 私もそうかも!happy01
 
そうですね、それぞれが正しいと思ったことをしてるんですよね。
奥村が言った「こいつを生かしておいたら、ぜったい後悔する時が来る」も正しかった。
最後まで変わらないクズっぷりに、死んだ人たちがうかばれない…と思ったし。
公安役の俳優さん、『とんび』に出てた人だったんですねー!
気付かなかった…sweat01 プチトマトさん、いつもよく気付きますね。
大沢さんも言ってたとおり、プロの集まりって感じで、
ほんとキャストが皆さん素晴らしかったですよね。
 
おおー、”長男くんが初めて泣いた映画”になったんですねー! 素晴らしいsign03
うちも見せたいと思うけど、観たがってないんで… DVDになったら見せちゃおうかな。
 

>立夏さん
レスがとっても遅くなってごめんなさいsweat01
 
GW中に3回ってのもすごいですねー。
あは! 面白いけど、突っ込みどころ満載ですかー!
まぁね。総監がヘリで来て、その後おとりになるけど、
そのヘリで移送すればいいじゃん!という意見も見ました(^_^;)
”清丸が未知の生物” なるほど~。
松嶋さんが言ってた「モノだと思って対応してた」っていうのと似てますね。
とても人間とは思えない、理解不能なやつですもんね。
そう、あんなやつのせいで、死んだり人生狂わされたり、
実際の事件でもそういうのあるじゃないですかー。
私もそういうやつって、ほんと許せなくって!annoy
だから、すっごくやりきれない思いにもなるんですけどね、この映画…。
 
うん、希望あるラストっていうのは、まさにそれだと思います。
それしかないですよね。
 

ぼくも人の親ですが、テーマの割りに内容ペラペラで人が死ぬことをこんなに軽くみせる演出に腹が立ちました。
映画をおもしろかったとおっしゃてる人もいるようでビックリです。
フィクションとリアリティどちらともいえない作りにも入り込めず中途半端でした。
出てくる人がアホだらけだから無駄に死体が転がったわけで、つくりの甘さにツッコミもいれる気にもならない。
戦犯は演出と脚本。役者を見事に殺した映画。
駄作中の駄作でした。
なのでここのレビュー見てひっくりかえりました

>?さん
反対意見もOKですが、名前ぐらいは名乗って下さい。
どうせ、ハンドルネームなんですから。

そうですね、突っ込みどころはたくさんあるとは思います。
否定的な意見もいろいろ読みました。
まずは、私はこれはフィクションとして観ました。
だって、最初の新聞広告の時点で、現実にはありえないことだと思いましたから。
でも、”人が死ぬことを軽く見せてる”とは思いません。
どこの部分で?、誰のことを?、言ってるのかわかりませんが、
そのことの重みはちゃんと描かれてると思います。

ただ、映画でも何でもそうですが、感じ方は人それぞれです。
自分とは違う意見に驚きや疑問はあるでしょうけど、
その人たちを否定的に言うのはどうかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『藁』3回目と、初の声優 | トップページ | やったよ!ファンミ〜! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月と星と

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ