« 極北の地~!? | トップページ | 新曲とテレビ出演 »

2013年2月 4日 (月)

『アテルイ伝』最終回

今日は、『ストロベリーナイト』の2回目の鑑賞に行こうと思ったのですが、

金土日と、ちょっとあれこれ忙しくて、自分の時間がなかったので、

なんか家でゆっくりしたいなと思い、映画は明日にしました。

火曜日は朝にちょっとだけ仕事があるので、朝一は行けないのですが、

考えてみたら、

モーニングショーで1200円で観ても、時間的に昼食を食べるから食事代がかかる、

2本目だから1600円(200円は割引券があるので)だけど、

昼食を家で食べてから行けるので食事代がかからない、

んですよねぇ って、そんな細かい話はどうでもいっか

 

さて、金曜日は『アテルイ伝』の最終回でした。

いつもどおり、実家で観させてもらいました。

なかなか感動的でした!

でも、原作を読んだ方たちがみんな言う「終盤は号泣!」ってほどじゃなかったな。

なんか、やっぱりもったいない!って思いました。

題材も原作もいいし、俳優陣の演技も良かったし、ロケ地も素晴らしかったのに、

たった4回の放送にしちゃうから、脚本がうまくまとめられなくて、

観てるこちらも深く感情移入できずに終わっちゃった感じです。

もともと長いお話だし、いろんなことがあって、それぞれの心が動いていくのに、

それがわかりにくい。とくに、田村麻呂がね。

でも、大沢さんの演技はとっても素晴らしかった

『藁の楯』の撮影後5日ぐらいでインしてて、ちゃんと切り替えできたのかなぁって

少し心配してたけど、さすがでしたね。

まさに熱演でした。あんな顔、こんな顔、いろんな表情が印象に残ってます。

だからこそ、本当にもったいなくて・・・

せめて10話あればよかったなぁ。

お友達が録画してくれるので、そしたら、もう1度全てを観たいと思ってます。

 

それにしても、『JIN』後の、『終の信託』、『ストロベリーナイト』、『アテルイ伝』、

どれも素晴らしい演技で、改めて大沢さんって凄いなぁって思いました。

もう、『藁の楯』でもきっと素晴らしい演技を見せてくれるだろう!と、

さらにさらに楽しみになりました!

 

« 極北の地~!? | トップページ | 新曲とテレビ出演 »

大沢たかお」カテゴリの記事

コメント

「アテルイ伝」は本当に素晴らしい演技と音楽、そして美しい自然だったので、もう少し話数が多く、脚本が練られていたらと思ってしまいますね。
原作は感動的だけど、実際はもっと複雑だったんだろうな、とは思います。
でも、妹の記憶喪失とか、兄が田村麻呂の刺客になって帰ってくるとか、蝦夷の族長たちの離反とか、田村麻呂の心の変化とか、各エピソードが唐突過ぎるように思いました。
モレの智将ぶりももっと描いて欲しかったですね。

最終話は後半が特に良かったです。
夜、モレと星を見ながら「空の神様が笑ってるぞ」と言う所。
都の人に「世にも恐ろしい蝦夷じゃ!」と笑いながら自虐的に叫ぶ所。
「同じ人ぞ!」、「同じ人間ぞ!」と田村麻呂に迫る所。
そして、きれいな虹を見て微笑むラストシーン。
きっと、なぜ帝は蝦夷を憎むのかという答えを聞くこともなく最期を迎えたのだと思うと、切なかったです。(T_T)

>立夏さん
やっぱりそう思いますよね。
ぜったいもっといいドラマになったと思う!
そうそう、それぞれの心の動きが唐突なんですよね。時間がないとこうなっちゃう…
話数があれば、この辺りも丁寧に描けただろうし…
3月の地上波って、さらに短縮版でしたよね?
そんなん、意味わかんなくならないかなぁ。そのまま全て放送してほしいですね。
 
うんうん、最終話の後半の感想、同感です!
いいシーンがたくさんありました。
最後は本当に切なかったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 極北の地~!? | トップページ | 新曲とテレビ出演 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ