« コンビニスイーツと、ナオトのツアー | トップページ | ドラマあれこれ »

2013年1月18日 (金)

『裸にしたい男』続2

遅くなりましたが、続きで~す。

 

『藁の楯』で、大沢さんを起用したプロデューサーさん、

「いつまでたってもキレイな印象」って、『JIN』の石丸プロデューサーと同じこと言ってますね。

こう40代とかになってもピュアな印象って、どうして持ち続けていられるんでしょうね。

 

「みんなでごはん食べに行こう」

大沢さんに誘われてるのに、断るなんて、なんて贅沢な!

「みんな冷たいよね」

ん? 結構、寂しがり?

「手羽先食べたいんだよね。」

しかめっ面で言うことじゃないけど

「昨日もお肉でしたよね?」「いけませんか?」( ´艸`)プププ

 

蜷川との最後?のシーン。

セリフが決まってないの?

大沢さんと山崎努さんといえば、『セカチュー』

その前に、『世紀末の詩』でも共演してたね。

大物俳優の山崎さん、大沢さんのことはどう思ってるかなぁ?

 

大沢さんにとっての”いいこと”は、「次のステージに行くこと」

これ、結構印象的だったなぁ。

 

ロスで7年暮らしてたっていう話はびっくり!

ずっと、コンスタントに仕事してた感じなのに。

仕事のある時だけ日本に帰ってきてたってことなのね。

しかも、時期的に結婚してた頃。

んー?と思って、元奥さんのことをちょっと調べてみたら、

彼女もロスが好きで、今もロスを拠点に活動してるらしいので、

その頃もそうだったのかもなぁって。

ま、離れてる時期は寂しいけど、海外で人の目を気にせず楽しめたんでしょうね、きっと。

よく来てたっていうビーチ、すっごく綺麗で気持ちよさそ~うなところだったなぁ。

 

『アテルイ伝』の撮影の頃は、睡眠3時間って・・・w(゚o゚)w

歳取ると、短い睡眠が続くのってきついよね?

ほんと、俳優って体力いるなぁといつも思います。

 

全体通して、素?素っぽい大沢さんが見られて、大満足でした

私服も見られたし、旅先での様子も見られたし。

飾らないけど、とってもかっこいい大沢さんがいっぱいでした

  

さて、今日は『アテルイ伝』第2話。

私はまた実家へ観に行きま~す

 

« コンビニスイーツと、ナオトのツアー | トップページ | ドラマあれこれ »

大沢たかお」カテゴリの記事

コメント

JIN -仁- の撮影に入る前までロンドン等で暮らしていて、その期間に演じることに対してピントが合ってきたということですね。
JIN -仁- のオファーをOKしたのが2008年の夏。
てことは、その時点ではまだ雲の中にいる状態だったんですね。
自身は迷いの中、周囲の反対を押し切って――という状況での決断だったんですね。
たかおさんご自身にとっても賭けだったのでしょうし、どれ程の覚悟で臨まれたのかと思うと胸が熱くなります。
JIN -仁- が成功して本当に、本当に、良かったです。
迷いを払拭し、俳優としてより輝きを増したたかおさんに、私を含め多くの
新参ファンが魅了されたということなんですね。
それと「演じる役に憎まれたくない」という言葉が響きました。
実在、架空を問わず、「人」と真摯に向き合う人なんだなぁと思いました。
もう、どこまでもついて行きますよ~!と思いました。(^O^)/

>立夏さん
JINのオファー、”周囲の反対を押し切って” ああ、そんなこと言ってましたね。
この番組の中では、ドラマから映画界へ行く時も、周囲に反対されたって言ってたし、
いつも自分の直感を信じてやってきたんだなぁ。
 
そうですね、この番組見て、私も
『JIN』(パート1)のクランクアップの時の涙の訳がわかった気がしました。
ただ、大変なドラマをやり終えたという達成感だけじゃなく、
それだけの覚悟を持って挑み、結果が出たからだったんでしょうね。
 
そして、
”迷いを払拭し、俳優としてより輝きを増したたかおさんに、私を含め多くの
新参ファンが魅了された”
うん、全く同感です!
ただ、ドラマがヒットし、役柄が良かったからだけじゃなく、
その輝きを無意識に感じて私たちは、以前から知ってる人なのに惹かれたんだよね!
 
「演じる役に憎まれたくない」
いい言葉だなぁと思いました。本当に真摯な人です。
こんなに尊敬できる人、私もずっとついていきたいなと思います(^^)

こんばんは(^^)
立夏さん、泪さんのコメントを読んで胸が熱くなりました〜同じ想いでいるファンの方と出会えて嬉しいです\(//∇//)\
ドラマ、映画を観て「心震えた」と感じたのは大沢さんが初めてです…ましてファンクラブに入るなんて夢にも思わなかった…これからも応援し続けます!

アテルイ伝、2話面白かったですね〜
脇役?にも実力派の俳優さんが!JIN完結編で久坂玄瑞役の林泰文さんが朝廷側の人で出てましたね(^^)45分アッという間の展開でした。

こんばんは!

皆さんのコメント読んで…大沢さんはファンに恵まれてるなぁ~と。
返せば、大沢さんがファンを大切にしているから…なんでしょうね。
以前の記事で作家転向の俳優さんの話が出てたけれど…芸能界って大変だよね。
ドラマも視聴率で何だかんだと騒ぐし、映画も映画館に足を運ぶ人減っているし、難しい。
余程魅力が無いとこの不景気に成功するのは大変なのではないかな?
俳優も新人がドンドン出てくるし、その中で輝くのって、人柄・人脈・運・話題性が重要。
基本、人柄なんだろうけれど、やっぱり支持してくれる声がなければ成り立たないのかなぁ~と。
何処にも所属していない俳優さんは尚更でしょう。
だから、素直に凄いなぁ~と思います。
俳優の染谷君が、役者自身の色んな知識や経験が説得力になるから、映像自体が魅力的になる。
魅力的な役者さんは、人間力が高い。とおっしゃってました。

いつまでも、輝いて素晴らしい作品と共に話題を振りまいて欲しいですね!!

>プチトマトさん
レスが遅くなってごめんなさいm(__)m
 
私も皆さんと出会えて、とっても嬉しいですよ!
いつかみんなで会えたらいいですね(^^)
私は、大沢さんの前に2人、ファンになった俳優さんはいたけれど、
どちらも2,3年しか続かなかった。
だから、大沢さんを好きになってしばらくは、また同じことになるんじゃないかと不安でした。
別にそういう人もいると思うし、たかが芸能人、それでもかまわないことだけど、
なんか自分自身がいやで…
でも、あれこれ知るうちに、今度は違うなって思い始めました。
はい、”3度目の正直”ですよ(^_-)
なんていうか、見た目だけだと、今までの好みとはちょっと違うんだけど、
もっと、こう… 全てをまとめた感じが好き。
ああ、表現が下手でスミマセン
あとね、私には若い子は無理なのかも?
 
>micoさん
レスが遅くなってごめんなさいm(__)m
そうですね、大沢さんがファン思いだから(^^)
こういう効果?ってやっぱりあると思う。
ALFEEとファンもイイ関係なんですよ。
 
うんうん、芸能界ってつくづく大変だなと私も思います。
だからね、自分の好みじゃなくても、ずっと生き残ってる人ってすごいと思うんです。
役者の世界でも、音楽の世界でも、芸人の世界でも。
全盛期のような勢いはなくても、一定のところにずっといることは大変なこと。
やっぱり、人を惹きつける魅力と、それなりの努力がなければできないことだから。
 
染谷くん、若いのに、鋭いこと言いますね~。
”人間力が高い”かー。大沢さんも言ってましたね、「”人”を演じるわけだから」と。
うん、いつまでも輝いていてほしいです。
その為にも、健康にもちゃんと気を使ってほしいなぁ(笑)

御久し振りです
「アテルイ伝」 初回を見逃してしまい、ネットで、動画を探しまくりました(汗)
なかなか、難し~役見たいですね!

そして、三池監督の新作が、生田斗真さん出演で、クランクインしますね( ̄ー ̄)ニヤリ
今回は、無理してでも、行ってきます

>???さん
『アテルイ伝』観てくださり、ありがとうございます。
再放送もやってましたよ。
難しいといえば難しいでしょうね。
昨日読んだ雑誌で、「ほんとは10代を演じるのはいやだった(笑)」って大沢さんが(笑)
 
三池監督、今度はコメディのようですね。
『藁の楯』が本当に楽しみです。
 

こんばんは~!
撮影に参加してきました
コメディの要素もあり、アクションもありでした
ヤクザの組織に潜入する「潜入捜査官」の役を生田斗馬さんが演じているので・・・。
原作は「土竜の唄」
エキストラとして、撮影を見ているだけで、ワクワクしてきました。
まだまだ、この映画のエキストラとして参加するので、楽しみです。
ちなみに、原作は漫画です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンビニスイーツと、ナオトのツアー | トップページ | ドラマあれこれ »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ