« ベビーフットのその後 | トップページ | ベビーフットのその後のその後と、Vitz新CM »

2012年7月 9日 (月)

お茶目話と、『ボクらの時代』

実は今日は、ジョニー・デップの『ラム・ダイアリー』を見に行く予定だったのですが、

昨日の夜、なんか出かけるのがめんどくさくなっちゃって、

ネットで映画の評判を検索したら、おもしろい!っていう人もいるけど、

あんまり・・・みたいな感想も結構あったので、やめちゃいました

ま、DVDでいっかーみたいな

最近のジョニーの映画はイマイチなものが多いようです・・・。

まぁ、役者だけの責任じゃないですからね、もちろん。

でも、実は、映画館までちょっと遠いんですよ。

そこを運転して、見に行って、お昼も食べて・・・って、お金も時間もかかるじゃないですか?

だから、強く見たい!という気持ちがないとね・・・。

 

大沢さんが、よくおっしゃってる、

「映画はお金を払って見てもらうもの。

映画館まで行って、待って、ご飯も食べて、帰る。

その人の人生の時間とお金を使わせている。

自分はその分を返せているんだろうか?」

という言葉、よくわかってるなぁ、偉いなぁと、改めて思いました。

こんなこと考えて演じてる俳優さん、なかなかいないのではないでしょうか?

もちろん、大沢さんだって、それに応える映画ばかりに出てるわけではないですが、

そういう気持ちを持って仕事をしているということが素晴らしいなと思うんです。

 

そんな、仕事に対してはとってもストイックで真面目な大沢さんですが、

少年のような、おちゃめな面も持ってて、時々見せてくれるんですよね。

少し前に、あることを検索してた時に、どこかで(2chだったかなぁ?)、

”徳光さんとのインタビューがよかった。大沢さんの素をうまく引き出してた。”

いうのを見つけたんです。いつのか何の番組かわからなかったのですが、

先日、いつも読ませて頂いてるブログで、この時の話題が出ていて、

2010年『桜田門外ノ変』のプロモーションで、『ザ・サンデーNEXT』に出演した時の

インタビューだとわかりました。

見たい!と思い、いろいろ検索したのですが、動画は見つけられませんでした

どなたか知っていたら、ぜひぜひ教えて下さい

でも、この時のニュース記事

「ぜんぜんクールじゃない。”お茶目で天真爛漫”な大沢たかおの素顔」と、

インタビューを書き起こしくれてる方のブログを見つけました。

興味ある方はどうぞ!

 

そして、その動画を探していたら、別のあれこれを見つけちゃいました

めざましテレビの”広人苑”のコーナー(『ラブファイト』でのプロデューサー姿)とか、

『ボクらの時代』(『GOEMON』のプロモーションで、紀里谷和明監督と江口洋介さんと)とか、

坂上みきさんの深夜番組『i-Z』(これ、昔ALFEEも出てた~)とか。

『ボクらの時代』はおもしろかったーー

動画はこちら。(中国のサイトなので、うまく映るかな?)

♪41歳の春だから~♪の男3人の会話、笑わせていただきました。

気付いたんだけど、この3人って、奥さん&元奥さんがみんな、

歌手(ミュージシャン)なんだよねー! おもしろ~

大沢さんもよくしゃべるし、紀里谷さんも酔っ払いの発言みたいだし。

大沢さんの子供時代は”かまってちゃん”だった話とか、

のび太の尊敬する面の話とか、バツ1男2人の”子供いいなぁ”話とか(^^)

大沢さんもやっぱり子供欲しいなぁって思ってるんだねー。

それなのに、ロンドン在住(この頃は)の大沢さんと、ロス在住の紀里谷さん(笑)

しっかり独身生活を謳歌してるんじゃん!

「40過ぎたら相手にされない」なんてこと、ないですよー。イイ男なら

大人ぶらずに、そのままを愛してくれる、いい人がきっと現れますよ~(^^)

でもその反面、そのまま独身の方が、

”死んでもいい”って思って仕事だけに全力をそそげるから、

そのままでいてくれてもいいなぁって思う、ファン心なのでした

 

« ベビーフットのその後 | トップページ | ベビーフットのその後のその後と、Vitz新CM »

大沢たかお」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベビーフットのその後 | トップページ | ベビーフットのその後のその後と、Vitz新CM »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ