« ぎりぎりに… | トップページ | 『理想の息子』第9話 »

2012年3月12日 (月)

『聖なる怪物たち』最終回

なんとか、まるく収めましたね。

赤ちゃんも無事、実の父親へ引き取られてよかった。

でもやっぱり、打ち切りだったんだなぁと感じずにはいられないまとめかたでした。

  

幼児教育最先端のフランスへ、子供と2人で行くと言い出す圭子。

最初は、好きな人の子供が欲しいっていう普通の女性だったのに、

この人の変わりようがいちばん酷いですね。

もう、敏雄のことなんて愛してないような感じだし、

ただ自分が母親になりたかっただけみたいだし、

跡継ぎをもうけたことで、自分の立場を確立していい気になってる。

敏雄の血も圭子の血も受け継いでいないという真実を聞かされても、

それほど驚かないし、それよりもお姉さんに対してあの言葉! 酷すぎる!

 

司馬先生がみんなを前に真実を話した時、

お義母さんは当然の言動でした。そりゃあ、この人にとっては

赤の他人の子供なんてどうでもいいでしょう。

でも、敏雄も圭子も日向家のため、自分の立場のため、

他人の子供でも手放さない態度・・・ おかし過ぎる。

ほんと、子供を道具にしてる。

 

お姉さんが刺されて、目が覚めるみんな。

ここまでは、まぁわかる。圭子はもともと普通の人だったわけだし。

でも、手術後の敏雄の言葉に、びっくり!

あーんなに黒かった人がこんなに改心するなんて、早過ぎー!

みんな、あっさりいい人になっちゃって、拍子抜け。

 

それに、瑤子と兄の話は一切なし。

結局、何のために金をせびってたの?

時間無くてほったらかしってのが丸見え。

糸川さんのその後も、本来なら無事退院するシーンがあってもいいと思うし。

もう、全てが時間がなくて無理やり・・・って感じがとてももったいないです。

せっかく、すごく面白かったのになぁ。

いくら視聴率が悪いからって打ち切りはやめてほしいなって思います。

楽しんで真剣に見てる人も確実にいるのですから。

ちゃんと10話程度で丁寧に描かれたものが見たかったな。

 

そういやラスト、お姉さんは警察へ自首しに行ったんだと私は思ったんだけど、

そうなると、全てを話さなければならなくなり、他にも罪に問われる人はいるわけで・・・

だから、警察ではないのかな。

あれはりっぱな殺人なのに・・・

あのお姉さんが正気に戻ったらぜったい罪を償う人だと思うのだけれど・・・

 

原作を読んだ方が、ぜんぜん話が違うと書かれていました。

終わり方も違うそうで。

でも、俳優さんたちはみなよかったと思います。

特に中谷美紀さんの演技力と存在感が際立っていました。

純粋な医師役の岡田将生くんの演技もよかったです。

彼は4月からも連ドラに出るので、面白そうだったら見ようと思います。

 

« ぎりぎりに… | トップページ | 『理想の息子』第9話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぎりぎりに… | トップページ | 『理想の息子』第9話 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月と星と

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ