« 最高~!!の名古屋ファイナル | トップページ | 7月からの変化 »

2011年6月28日 (火)

「JIN -仁-」完結編 最終回

日曜日の夜中、ライブから帰ってきてから見て、

翌日、代休だった次男と一緒にまた見ました。

もう、涙が止まらない最終回でした・・・sweat02sweat02sweat02

”残酷で優しい未来” そのとおりでしたね。

切ない終わり方だったけれど、ハッピーエンドがよかったと言う人もいるけど、

私は納得したし、とても良い終わり方だったと思ってます。

そういや、「ギルティ」もそうだったなぁ。

見てる方は、”思いを実らせてあげたい””幸せになってほしい”と願ってしまうけど、

きっと、切ない終わり方だからこそ、記憶に残るドラマになると思うのです。

きっちり完結したので、もう続編も映画化もスピンオフもいりません。

そんなことしたら逆に品をさげてしまう気もするし。

伏線もちゃんと回収されましたが、

ただ1つ、あの22年の十円玉だけが謎のままですよね? 違う?

誰かわかった方いたら教えてください。

 

終わってみれば、なんとも壮大なお話でしたね~。

咲が野風の子供を引き取り、病院を開き、

その子孫が野風そっくりの”未来”という名前で・・・。

野風と咲の願いがちゃんと叶った未来(みらい)。

原作とは違うけれど、よく考えられた脚本です。

途中の感想でも書いたけど、やっぱり1作目の時から続編をやると

決まっていたんだろうと私は思います。

でも、その為にはある程度の視聴率が必要。

だから、スタッフは特に力が入っていたんだと思いますね。

 

いちばん泣けたのはやはり咲の手紙。

みんなの記憶から仁の存在が消えてしまったのに、

咲だけはなんとなく覚えていた。

強い強い思いは、人の心から簡単に消えるものじゃないんだよね。

きっと仁友堂のメンバーもふとした時に、

「あれ? これって誰かに教えてもらったような・・・」と思うことがあるんじゃないかな。

佐分利先生なんてきっとそうだよ。

「私はなんでこんなヤブなんでしょう・・・。いちばん助けたい人には結局何もできん。」

って言ってたんだもの。(このシーンもとっても泣けました。)

この手紙を読むシーンは、大沢さんの希望で、手紙の内容等、台本が白紙だったそう。

しかも、ぶっつけ本番一発撮り!

すごいなぁsign03

ずっと仁を演じてきた自信と、”仁として”の純粋な気持ちで撮りたかったんでしょうね。

 

咲が可哀想という意見が多いようですが、

手紙を書き終えた咲はいい笑顔をしていました。

あの大切な思い出だけで一生生きていけたんだと思います。

咲は本当に強い人だったんですよ、きっと。

  

でも、存在が消える、記憶が消されるって悲しいことだよね。どちらの立場でも。

でもちゃんと功績は残ってる。影響を与えたのは事実。

”日本の国民医療費負担が世界で最も低い”なんて、驚いたなぁ。

そんなん、現実ありえないもん。いいなぁ、その世界smile

これも仁の影響で、早い時代から保険というものが発達したおかげ。

 

結局、パラレルワールドだということなんだね。

っていうことは、仁が戻ってきた現代は、

同じ人間という設定でも、仁が以前実際に触れ合ってた人たちとは違うってこと。

それもちょっと悲しいね。また孤独感感じちゃうんでは?

でもきっと、橘未来が理解してくれるようになるんじゃないかな。

江戸にいた時の咲のように。

彼女、仁のことを見通してたみたいだし。こんな信じられない話なのに、

そういうものを信じてくれる人だと思うから。

ラストシーン、きっと未来の手術は成功して、2人は恋仲になるんだと思います。

 

公式サイトのファンメッセージに、”最高のラブストーリー”だとか書かれてる方が

何人かいましたが、このドラマはラブストーリーか?

私は違うと思う。恋愛はあくまでプラス要素で、メインじゃない。

これはヒューマンドラマだよ。

うちの母に「仁見てる?」って聞いたら、「タイムスリップものは好きじゃない」って

言われた。んー・・・ 確かにタイムスリップする話だけど、

それは設定であって、そこで繰り広げられる話は人と人との心温まるお話だから、

SFものが好きじゃなくても感動すると思うんだよね。

江戸時代の人たちはみんな本当に一生懸命に生きてて、

自分のことより人のことを思いやる気持ちが溢れてる。

仁先生も言っていたけど、私もいっぱい教わりました。

 

5,6話の頃に気付きましたが、

仁がタイムスリップした理由はやはり、

仁が医者としての情熱を取り戻すため(医者として成長するため)、

そして未来(みき)を助けるためだったと思います。

前作の1話で、仁は恋人未来の手術に失敗し、

難しい手術には手を出さない、情熱を失った医者でした。

それが、江戸にタイムスリップし、薬も医療器具もままならない状況で、

人を助けようと必死になりました。

現代に戻った仁は、自信と情熱を取り戻し、さらに良い医者になることでしょう。

  

「はなまる」で佐藤二朗さんがおっしゃっていたけど、

「時代劇の撮影は大変、医療ものも大変、

今回はその両方が入ってるので、すごく大変。」だと。

キャストの皆さん、プロデューサー、脚本、演出、その他スタッフの皆さん、

素晴らしいドラマを本当にありがとうございましたsign03 お疲れさまでしたsign03

 

当たり前のこの世界は誰もが闘い、もがき苦しみ、命を落とし、

勝ち取ってきた無数の奇跡で編み上げられてることを

俺は決して忘れないだろう。

そして、さらなる光を与えよう。今度は俺が未来のために、この手で。

 

おまけ

  こんなのを見つけました(^^) かわいい~~~heart04

 

« 最高~!!の名古屋ファイナル | トップページ | 7月からの変化 »

大沢たかお」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最高~!!の名古屋ファイナル | トップページ | 7月からの変化 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月と星と

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ