« あれこれ、つぶやき | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」 »

2011年6月20日 (月)

「JIN -仁-」完結編 第10話

あああ、昨日も涙、涙でしたsweat02

仁先生と龍馬の最後の会話がとてもよかった。

なんて、強い絆の2人・・・! 時空を越えた友情!

仁先生が龍馬に語りかけるシーンは、もう演技をこえてるなぁって思いました。

まるで、ドキュメンタリーで大沢さん自身が自分の言葉でしゃべっているよう・・・

「龍馬さんは・・・ 親友で、悪友で・・・ 私のヒーローでした。」

のセリフの時の表情なんて、ほんとよかった。

「ここに来て、たくさん教えられました。」

「1人で生きていけるなんて文明が作った幻想だなぁ。」

 

笑ったのは、「俺、地理だったんだよなぁ」

やけに現実的というか・・・ 理系だもんね、先生はsmile

 

仁に、自分の目指した国になってることを聞き、満足そうな顔で息を引き取った龍馬。

いい死に顔でしたね。

 

東の心情については、西郷さんの言葉が当たっていますね、きっと。

「東さんは坂本さんの作ったもんを守ったのかもしれん。」

東は、大政奉還にいたく共感してたと思うんです。

兄上の仇討ちをやめてもいいほどに、龍馬に惚れこんだのは嘘じゃない。

だから、こんな形でも、龍馬のしたことをどうしても守りたかったのでしょうね。

 

「咲さんは俺がここにいなければ、こんな顔をすることはなかったんじゃないだろうか?」

「俺はここの人たちの運命を狂わせてるだけじゃないだろうか?」

そう思案する仁先生に、さらなる仕打ちが。

自分がいない間に、山田先生が牢に入れられていたと・・・。

ああ、また仁先生、自分を責めちゃうよ・・・と思ったら、

仁友堂をやめると言い出しちゃった。

もう、先生、優しすぎるよぉsweat02

どうしてこの人は、こう辛い思いばかりしなくちゃいけないのだろう・・・

でもそんな先生を励ます仁友堂のメンバーたち。温かいなぁsweat02

人は人に支えられて生きてるんだなぁと改めて感じました。

いやきっと、現代よりも昔の方がそうだったんだろうな、

そして、それを感じやすかったんだろうなと思います。

 

勝先生、やっぱり知ってたというか、気付いてたんですね。仁が未来から来たことを。

なぁーんかそうじゃないかなと思ってました。

やはり、頭のいい人は勘もいいものですね。

 

さぁ、とうとう最終回のみになりました。

やったよ、2時間SPsign03 それは嬉しいけれど、もう終わっちゃうんだね・・・。

前作と合わせて、2クール。本当に楽しませてもらったし、たくさんの感動をもらいました。

やっぱり、寂しいよ・・・sweat02

でも、どんな結末なのかは楽しみです。

原作では、咲さんが病気になるらしいですが、

予告でも咲さんが寝込んでるシーンがあったし・・・

咲と野風で仁を未来へ戻すのかな? どうやって?

あの崖から突き落とすのか?smile

現代の道端で着物姿で倒れてるのは、江戸にいた仁だよね?

そして、1話の冒頭に出てきた公園で座ってる仁らしき人物と、

生まれ変わった未来(みき)。”残酷で優しい未来”とは?

きっと、この脚本家なら、このスタッフなら、納得のいくラストだと信じています。

 

あああー、本当にリアルタイムで見たいよsign03

でもどうせ、1時間で帰れる距離じゃないしsweat02

帰宅してお風呂入って、早速見るよ!

お弁当作りのため、5時半には起きなきゃいけないので、

ほんと寝る時間なくなっちゃうけれど、いいの! 昼間に寝るからsmile

そして、ライブの感想と、「JIN」の感想、どっちが先にアップされるでしょう?smile

こうご期待!

 

« あれこれ、つぶやき | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」 »

大沢たかお」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

JINの感想、ライブの感想、両方楽しみにしてます。( ^ω^ )

>すみこさん
期待してくれてありがとうございます!
すみこさんも26日参加しますよね?
楽しみましょうねhappy01
感想は、たぶん「JIN」の方が先になると思いますよぉsmile エへ…!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あれこれ、つぶやき | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月と星と

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ