« うわぁーん! | トップページ | 年末年始のテレビ »

2010年12月23日 (木)

「ギルティ」最終回

↓で、”明日も工事”って書きましたが、

早めに進み、昨日で終わりました! よかった(^^)

何の工事だったかはまた書こうかな。

ということで、やっと『ギルティ』最終回の感想です。 

 

ああ、とうとう終わっちゃった・・・

本当にはまったドラマは、終わっちゃうとやっぱりすごく寂しいよ・・・sweat02

芽衣子、やっぱり死を選びましたね。

真島に「いつまでも待ってる」と言われ、納得したかと思いましたが、

まだ時間的に余裕があったので、いやまだ何かあるな!と思ったら・・・

まさか真島も死んじゃうとは思わなかった。

私、最初は芽衣子だけが死んだと思ってたんですが、

ドラマ終了後、掲示板(めちゃ混んでたねー)見たら、

”がくっとなったから真島も死んだの?”と書いてる人がいて、

えっsign02と、最後のシーンを見返してみたら、ほんとだ!って。

ああ、だからあんな表情してたんだ!

キスする前、何かに気付き、決意したかのような顔だなって思ったんだよね。

ん?って気になったんだ。ただ愛しい人にキスするのとは違ったから。

そっか、そうだったんだね・・・、決意のキスだったんだね。

8話ラストの「もうおまえはひとりじゃない」の言葉を貫いたんでしょう。

”ひとりで逝かせない!”って。

このラストシーン、何度も見ても泣いちゃいますsweat02

悲しいけど、せつないけど、素敵な終わり方でした。

 

もう、涙涙・・・sweat02の最終回でした。

お母さんとの和解シーンもすごく泣けた。

私の予想と違って、本当に”それだけ”の理由だったけれど、

最後にわかりあえたのは本当によかったと思います。

それに反して、琴美さん! 最後の最後であんなことを明かすなんて・・・

あの優しさは償いからだったのね・・・ なんだか残念。

”いい人過ぎて怪しい”という方々の意見が当たっちゃいました。

私は、琴美さんには本当に”いい人”であってほしかったのに・・・

でも、あれを聞くと、全ての元凶は三沢豪だね。

あの男が琴美さんのお母さんを捨てなければ、

琴美さんがあんなことを準に吹き込まなかったし、

あの男がちゃんと父親として息子を愛してたら、

息子があんなことを起こす子にならなかったのだから。

 

芽衣子はとても意思の強い女性でした。

きっと復讐を考えていた時から、全てが終わったら死のうと決めていたと思う。

三輪や堂島や真島など周りの人たちに、

”普通の人生を生きてほしい””幸せになってほしい””ずっと待ってる”と

言われても変わらなかった。誰も芽衣子の気持ちを変えることができなかった。

真島に愛し愛されてるとわかっても、彼の将来のため、

彼の気持ちを受け止めず、自分から離そうとずっとしてた。

でも、芽衣子の人生考えたら、悲しすぎる・・・! 可哀想すぎる・・・・!

彼女は何も悪くなかったのに・・・

こんな人生あっていいのかな。神様、不公平だよね。

 

公式サイトの掲示板は、好きな人が書き込んでいるので、

ほとんどがいい意見ばかりですが、

ブログ検索してみると、さまざまな意見がありますね。

でも、私自身はとっても良いドラマだったと思ってます。

細かいこと言ったら、突っ込みどころはいろいろありますが(ほとんど警察関係smile)、

どなたかも書いてました、

「ドラマ(エンターテイメント)なのだから、現実的かどうかなんてのはたいした問題じゃない。

どれだけハラハラ、ドキドキさせられるか、惹き込ませるか、楽しみにさせることができるか、

それが大事だ。」と。

私も本当にそう思います。

『メイちゃんの執事』だって、あんな設定はありえないけれど、

その中での人と人との感情のやりとり?、そういうものにすごく惹き込まれた。

どれだけ心を掴むか、どれだけ感情を揺らせるか、だと思う。

『ギルティ』は謎ときサスペンスに、うまくラブストーリーを絡ませてあって、

私の好きなパターンでした。真相も納得できるものだったし。

(『スキャンダル』とか『トライアングル』とか真相がつまらなかったもんsmile

 

そして、俳優さんたちが魅力的だったことも大きいです。

菅野ちゃんと玉木くん、2人とも演技がうまい! とくに目の演技が。

余談ですが、菅野ちゃん、以前から好きなんですよね~。

30過ぎてもかわいくて、でも性格はすっごくサバサバしてて、

年下なのに”こんな女になりたいなぁ”って思う憧れの女性なんです(^^)

玉木くんは、ほんと新境地!って感じで(以前にもやってたらごめんなさい)、

今までの爽やか系より似合うんじゃ?ってほどでした。

これからの作品も見ていきたいなと思う、好きな俳優さんに加わりましたよ。

脇の唐沢さんも、吉田さんも、金井くんも、本当にいい味出してました。

原作なしの脚本ドラマで、これほどいい作品はなかなかないと思います。

3ヵ月、本当に楽しかった! スタッフの皆さんにもありがとう!って言いたいです。

また、こんなふうに惹き込まれるドラマを待っています。

さて、全話、録画してあるので、DVDにやいて永久保存版にするぞnote

 

« うわぁーん! | トップページ | 年末年始のテレビ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。泪さん。
「ギルティ」終わってしまいましたね。
最終回を観た晩は放心状態になってしまいました。
あんまりかわいそうう過ぎるラストで耐えられなく…。
次の日、何とか感想ブログを公開しました。他の方たちの記事をいろいろ読むと、真島さんが芽衣子にキスして「死んでしまう?」の意見が多かったんですね。私もチラッとそんな風に感じてたので、う~んと思ってました。
今、泪さんのブログを読んで「決意したような表情」と有ったのであわてて見直したのですが、ちょっと混乱してます。
確かに体はガクッと下がってたし、亡くなったと解釈できるような演出と受け取れますよね。
単に芽衣子愛しさから、キスして(毒の事は考えず)それでうっかりみたいな事故死。
でもそれと、自らの意思で後を追うのとでは、全く意味が違いますよね。
自分の意思で芽衣子の後を追ったのなら、私の感じた物とまた全然別の世界が見えてきて今、ちょっと崩壊しそう(笑)いや(泣く)です。
真島さんの事、臆病って書いてしまった。ブログに。え~ん(涙)
そんなぁ。あんな分かり難い終え方にするなんて…。

でも、あの時の考えをまとめたので、それはそれで仕方ありません。

彼は一人生き残ってキャリアの刑事に戻って、いつもの生活を送るんだろうと、そう解釈したんですよね。

評価が分かれるというより、幅がありましたね。
三沢の息子が芽衣子の仕掛けた穴に落ちるシーンで笑う(あまりの稚拙さに)評価もあったし、私はドキドキしながら観てたんですけど。

毎週、玉木さんを観られなくなってちょっと寂しい。
CMの玉木さんは真島じゃないし。
やっぱり私は真島さんが好きだったのね。辛い…(笑)。

長くなりました。♪
またスリリングで恋にときめくドラマに出会いたい!!…ですね。

>kanataさん
kanataさん、レスが大変遅くなってごめんなさいm(__)m
ブログ、家族には内緒なので、土日は書けないんですsweat02
 
長いコメント、とっても嬉しいです~happy01
kanataさんのブログも読みましたよ。
正直に言うと、うわっ、厳しいなぁって思いましたが、
いろんな方のブログを読むと、ほんとさまざま意見があり、
単純に楽しんでた私は幼いかしら?と恥ずかしくもなりましたcoldsweats01
ラストは確かにわかりにくいですね。でも、どっちにとってもいいよってことなのかもしれない。
でも、”うっかり”ってことはないと思います。自分の意思だと思います。
あんなことにならなければ、死ぬという選択肢は、本当は真島にはなかったと思う。
ただ、ずっと孤独だった芽衣子を哀れむ気持ちが、真島にはずっとあった気がするので、
ひとりにさせたくない気持ちが強く働いたのかな?・・・と。
 
落とし穴のシーンとそこまでのシーン、2度目に見た時に、すごい賭けだな!って思いました。
あそこまで誘導しなければ計画はだめになっちゃうわけで、
途中で捕まったり撃たれたりしたら終わりなんだもの。
落とし穴もうまくその上の道を歩かなければいけないし。
だからこそ、脚本としてどうよ?かもしれませんがsmile
 
kanataさんの2度目の感想も読みましたが、
私は中途半端なところも弱いところも、人間らしいんじゃないかなと思いました。
大人とはいえ、まだ30ちょいの2人。
芽衣子はずっと服役してたせいで恋愛には不慣れ(おそらく処女では?)、
真島は刑事にしちゃとても繊細で…
芽衣子は真島を遠ざけようとしてたけど、心の奥底では求めてたと思うの。
ただ、彼女は本来とても真面目な人。悪人になってしまった自分に、彼を引き込みたくなかった。
理性だけで一生懸命彼を遠ざけてたんじゃないかな。
私がただひとつ残念に思うのは、真島もそんな芽衣子を変えることができなかったこと。
確かに、そこまでのパワーが真島にはなかったんでしょうね。
芽衣子の方が一枚上手だったってこと?smile
それができたら、ふたりで生きていけたのにね。
 
私も真島さんが好きでしたheart04 もう見られないのは寂しいですね。
あのビジュアル、あの声、あの色気、素敵だったなぁlovely
玉木くん、もう髭も剃っちゃったかな? またあんな役をやってほしいです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うわぁーん! | トップページ | 年末年始のテレビ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月と星と

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ