« 「曲げられない女」第2話 | トップページ | 異性ボーカルがお好き? »

2010年1月22日 (金)

思い出した、おかしな制度

今日は、ぽっ・・・と時間があいたので、ひとりランチしてきました

そういえば今月は自分のお小遣い使ってない!ってことにも気付いたので(^^)

新しくできた、お洒落な外観で、前から行ってみたいなと思ってたお店。

でもドアを開けた瞬間、うっ・・・!

すごい人で、しかも思ったより狭くて、テーブルどうしが近い!

運良くひとつだけあいていたので座りましたが、

すいてる時ならいいけど、

満席状態だと”おひとりさま”ではちょっと居づらいかも・・・

でもね、料理はすごく美しくおいしかったし(あの雰囲気では写真撮れない~)、

ギャルソンのお兄ちゃんがお髭のイケメンだったの~

そういや、お客が全て女性だったなぁ

今度は友達と一緒に行こうっと

 

昨日、「曲げられない女」の記事を書いた後に、ふと思い出しました。

OL時代、不当な制度に怒ったことを・・・

私の勤めていた会社では、一般事務職の女性が退職する時、

結婚退社と、その他の自己都合退社では、退職金の金額が違ったんです。

具体的にどれくらいだったかは覚えてないのですが、

結婚退社の方がプラスαがあって高かったのです。

でも、17,8年前のあの頃、世間的には結婚後も働く女性が増えていました。

それなのに、結婚してからも働いて退職するとすると、

自己都合退社となり、結婚でやめるよりも金額が少なくなるのはおかしい

そう、古い古い制度がいつまでもとおっていたのです。

結婚でやめるのが当たり前だった時代には、

それ以前にやめられると困るということで、差をつけたのはまだわかりますが、

もうそういう時代じゃあない。

結婚後も会社のために働いたのに、少ないって絶対おかしいでしょ。

制度というものは時代によって変えていくべきもの。

しかも、中小企業じゃあないんですよ。

いつまでも、結婚退社を推奨するような制度があるなんて、

会社としても世間に知られたら恥ずかしいことでは?

だから、私ひとりで、組合に言ったんですよ。

「結婚退社の退職金を優遇するのはやめて、

勤続年数だけで決めるように変えてほしい。」って。

大きい会社なんで、まずは職場の組合担当に。

でも、なんだかんだと言われ、改善要望がとおらなく、

こっちも納得しなかったら、もっと上の方を連れてきてくれ、

その方とも話したのですが、結局、

「話はわかるが、ずっと続いてきたことを変えるには時間がかかる。」とか言われ、

そのまま・・・ たかが、プラスαを廃止するだけなのに・・・

私もあきらめてしまいました。

結局、私がいる間、改善されることはありませんでしたが、

さすがに今はもう変わっていることでしょう。

今日、ネットで検索してみたら、やはりそういう会社は多かったようですね。

現在だったら、違法だよね?

 

ちなみに、私は結婚後も妊娠後も(7ヶ月ぐらいまで)働きましたよ。

当時はまだ、私の職場では結婚後も働く女性はいなく、

(会社全体ではいたと思いますが)、私の職場では私が第1号でした

理由? 専業主婦になるのが嫌だったから!

いや、専業主婦をバカにしてるんじゃないですよ。

まだ若かったし、子供も当分いらないって思ってたんで、

家庭に入っちゃうなんてつまんない!って思って。

そして、ちゃっかり育児休暇手当てももらって辞めました

 

« 「曲げられない女」第2話 | トップページ | 異性ボーカルがお好き? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「曲げられない女」第2話 | トップページ | 異性ボーカルがお好き? »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ