« 誕生日に改めて考えた | トップページ | 夏イベ♪ »

2009年4月16日 (木)

「アイシテル -海容-」第1話

昨日、新ドラマ「アイシテル -海容-」を見ました。

小学5年生の子が2年生の子を殺してしまうというショッキングな内容。

でも、同じように男の子を持つ親としては、とても気になります。

”普通の子”が犯罪を犯してしまう時代。

このドラマでも、加害者家族、被害者家族、どちらもありがちな普通の家族だと思う。

時間割を間違えて、子供より遅く帰宅してしまった被害者のお母さん、

子供が話をしてくれなくなり、何を考えてるのかわからないと悩む加害者のお母さん、

どちらもよくあることだし、私自身もよく感じることです。

そんな中で起きてしまった事件。誰の身に起きてもおかしくないということ。

後半、とても泣けましたが、あの旦那さん、ひどいですね。

全てを妻のせいにして、自分の仕事の心配だけして・・・

いちばんは、「産まなきゃよかったんだ」の一言。

どうしてそうなるの? 男ってよくこういう考え方しませんか?

うちの旦那もそうなのですが、何かうまくいかないと全てをやめにしてしまう、

何かあると極端にさかのぼってあれがいけない(検討違いなこと)とか言い出す。

なんで? わかんないよ!!

女はそういう考え方しないと思う。その過程を考えるよね。

もしかすると、男は弱いから、何か失敗するとそれを認めたくなくて、

大元から消し去ろうとするのかな? どう思いますか?

これから、智也くんの心の傷があきらかになってくると思いますが、

あの「ママはあなたが大好き」の看板をいつも見ていたのはとても気になります。

大きくなっても、無条件に”好き”という言葉や行動をしめしてあげなければ

いけないのかもなぁと思いました。

ドラマとしては、加害者家族、被害者家族、両方の心情が丁寧に描かれていて、

どちらの気持ちもよくわかるようになっているのはいいですね。

片方に比重を置くと、そちら目線になりがちなので、このままいってほしいなと思います。

ところで、加害者役の男の子、すごい目力がありますね!

どこかで見たことあるなぁと思ったら、「流星の絆」で錦戸くんの子供時代を

演じてた子なんですね。将来、かっこよくなりそうです。

今クール、あまり見たいと思うドラマがないのですが、

これは絶対見続けようと思います。

 

« 誕生日に改めて考えた | トップページ | 夏イベ♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誕生日に改めて考えた | トップページ | 夏イベ♪ »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ