« 勘が冴えてる!? | トップページ | ありがたい第3者の口出し »

2008年2月22日 (金)

「L change the WorLd」

5日間も間があいてしまい、ごめんなさい
っと、その間に、ココログフリーも絵文字が使えるようになりました
携帯メールでも、そんなに使うわけではないですが、やはりあるとかわいいですよね。
さて、昨日見てきましたよ、「L change the WorLd」
すごくよかった! おもしろかった! 迫力もあったし、感動の涙もあったし。
帰ってきてから、ネットでいろんな方の感想を少し読みましたが、
原作ファンで、「DEATH NOTE」と同様の頭脳戦を期待していた人には、
否定的な意見もありましたね。
この映画は、映画版「DEATH NOTE」のスピンオフであり、あの映画の終わり方から
作られた、全くのオリジナルなので、原作とは別物と考えて見るべきだと思います。
それを踏まえ、素直に見れば、とてもおもしろいと思います。
そして、松山Lのファンなら、魅力的なLがたくさん見られて、きっと大満足でしょう
うわっ!っていうグロいシーンもあるので、私はそんなに気にならなかったけど、
苦手な人もいるようです。でも「スウィーニー・トッド」ほどじゃないなぁと私は思う
これから見る方、この映画もエンドロール後に、1シーン残っているので、
見忘れないようにね
では、以下、ネタばれです。

では、ネタばれ含む感想を箇条書き風に・・・

インフルエンザとエボラを掛け合わせたウィルスを世界にまき、
世界人口を減らそうとするテロ集団。
このウィルス、感染すると、体中にイボみたいのができ、そこから血が出てきて、
死んでしまうのですが、 あれ? 「20世紀少年」でもそういうウィルス出てきたなぁ
と思いました。少ししか読んでないので、よくわかりませんが。
話が逸れますが、「20世紀少年」も今年、実写映画化されますね。
それも3部作で。楽しみです! その前に原作全て読まなきゃ

ワタリの死を知らせるメールを打つL。キーの打ち方が独特なんですが・・・
あれじゃあ、超初心者みたいじゃん。
そして、Lと同じようにアルファベット1文字で活動している仲間が何人もいるんですね。
冒頭に出てきたFも然り。F、ちょっとかっこよかったな。
なぜか、Kに送るか迷うL。これって、既に良くない噂でも聞いていたということ
なんだろうか? じゃなくて、ワタリがKのことを期待していたから、
死を知らせるべきか迷ったのかな?

残っていた事件ファイルを片っ端から片付けていくL。
英語だけじゃなく、イタリア語、フランス語も話せるんだ!
さすが! かっこいいー!

福田麻由子ちゃん、演技うまいですねー。役柄、制服だったので、
最初は中1ぐらいの設定かと思ったら、途中で6年生だと出てきた。
小学生には見えないと思ったけど、後半ワンピース着たら、胸がぺったんこだった…
本人は今、13歳みたいです。

そういや、二階堂教授はワタリのことを知っていたんだよね?
それは、Kの上司だから? あの住所の遍歴はなぜ知ってたの?

ナンちゃん、FBI捜査官というかっこいい役なのに、やっぱそんなふうには見えない…
しかも、オチに使われてるし

3人で電車に乗るシーン。つり革にぶらさがって遊ぶL。
大きな体して、いくつの子供だよ? あなたがいちばん子供なんですけど?
良い子は真似しないでね~。

L、猫背で走ったり、動き出してる飛行機に飛び移ったりしています。
イメージ的にはあまり運動神経良くなさそうに見えますが、
原作では、月(ライト)とテニスで張り合うエピソードがあるんですよ。
猫背なのに、スポーツ?って感じですが。

真希ちゃんに言われて、猫背を伸ばしていくL。
なんだかヒトの進化のようで笑える・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
しかも”ボキボキボキ…”と音付き!
そういや、原作Lは179cm50kgの設定らしい。
えーっ、痩せすぎだよー! アンガールズ並みじゃん!

そういや、映画では、ワタリやLの素性がちらっとしか出てきませんが、
映画しか見てない人は、ワタリが有名な発明家で、ワイミーズハウスの創立者だとか、
Lがそこで育ったとか、ワイミーズハウスが優秀な子供を集めているとか、
知らないんだよね? あれ?出てきた?
原作を読んでる人は知ってますが・・・ 別に知らなくてもいいことなのかな?

BOYと別れる時のLの「これだけは言っておきたい。
どんな天才も1人では世界を変えられない。」というセリフと、
最後の「ワタリ、この世界でもう少しだけ生きてみたくなりました。」という
Lのセリフがとてもいいです。
親子の愛も、人と深く関わることも知らなかったLが、
最後に、体を張って誰かを守り、人を信頼し、協力しあうことを知った。
きっと、”死にたくない”と初めて心から思ったのではないかな?

この映画、後から冷静に考えると、細かい突っ込みが多々ありますが、
3作通して、松山くんのL、とても魅力的でした
もっともっと良い俳優さんになってほしいなと思います。

« 勘が冴えてる!? | トップページ | ありがたい第3者の口出し »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勘が冴えてる!? | トップページ | ありがたい第3者の口出し »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ