« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

東名高速からの富士山

東名高速からの富士山

今、帰省のため、東名高速にのってます。
天気はいまいち曇ってますが、富士山は綺麗に見えました。
やっぱり雪をかぶってる時がいちばん良いですね(^-^)

2006年12月29日 (金)

今年そして来年

今日で、今年最後のブログになると思うので、
今年の感想と、来年の抱負を少し語ろうと思います。

私にとっての今年の10大ニュース!(あくまで私個人の、です)
順位はつけられないので、順不同ということで…

・仕事を始めた(正確に言うと昨年末ですが)
・子ども会の役員をやった
   (忙しかったけど、いろんな体験できました。)
・たかみーの誕生日ライブに行けた
   (お祝いできて喜んでくれて嬉しかったな♪)
・ジョニー・デップのファンになった
   (初めてハリウッドスターに夢中になったよ。)
・夏イベ(ALFEEの夏の野外コンサートのことです)に行った
   (来年はないので、思い切って行ってよかった。)
・スポーツ教室に行き始めた
   (まだ2ヶ月ぐらいですが)
・ブログを始めた

あれ? 7つしかないね(^_^;)
本当は子供のこととかあるのだけれど、ちょっと素性がばれると嫌なので…
こう見ると、結構新しいことを始めた年だったんだなぁ。
来年もいろんなことに挑戦したい。
来年はねー、まずピアスをあける!
お菓子作りをしたい!
  (昔は好きだったんだけどね、ぜんぜんやらなくなっちゃったから)
精神レベルの高い人間をめざす!
  (浅見帆帆子さんの本を読んでね。)
もうひとつ秘密だけど、叶えたいことがある。
  (旦那に嫌気がさしたから、男を探すとかじゃないよ(^。^)
   他人は全く関係ない、私個人のこと。友よ、聞かないでね。)
そして、仕事も少し増やすし、スポーツ教室もまじめに通いたいし、
もちろんブログも続けるし。
頑張るよーー!!(^_^)v
では、皆さんも良いお年を!

年末年始は、時間とネタがあったら、モブログで更新しまーす。

2006年12月27日 (水)

「野ブタをプロデュース」再放送

クリスマスが終わったので、またテンプレートの変更をしました。
なんか、可愛すぎる?(^_^;) まっ、シンプルな可愛さは好きだから、いいよね♪

昨日、こちらの地方で再放送してた「野ブタをプロデュース」が終わっちゃいました。
リアルタイムでは見たり見てなかったりだったので、
再放送したら絶対、全話見ようと思ってたんだ。
でも、1話目だけ見忘れちゃったので、レンタルしてこなくちゃ。
実はリアルタイム時、このドラマを見てみようと思ったのは、
どこかの掲示板で、”山Pの演技が「池袋ウェストゲートパーク」のキングの真似だ”と
書かれていたのを読んで、それが見たいと思ったからなのだ。
実は私、窪塚洋介くん好きだったんだよね(*^_^*)
で見てみたら、確かに真似してる、でもあんまりうまくない…。
ごめん、山Pファンの皆さん。でもあのキング役は最強(?)だから。
まぁ、その話はおいといて・・・
これ、良いドラマだったなぁ。
おもしろいし、泣けちゃうし、毎回、メッセージがあってさ。
周りの大人たちがとても良いんだよね。あたたかくて、さりげなくアドバイスしてくれて。
高校生ってこんなバカばっかやってたっけ?って感じだけど、そうだったかもなぁ。
その一見無意味な時期も大切な時期なんだよね。
いろんな子がいるけど、みんな、根は良い子でさ。
野ブタをプロデュースしながらも、修二自身が成長し、本当の自分、本当の友情を
知っていくって話なんだよね。
この役の亀梨くん、やっぱり良いなぁ(*^_^*) 「たったひとつの恋」の弘人より良いよ。

2006年12月26日 (火)

旦那と大喧嘩 こんな人とはやっていけない…

昨日、旦那と大喧嘩をした。2時間ぐらい言い合ってた気がする。イブなのにね。
でも、パーティーは23日にしたから。母や姉妹夫婦を呼んで、楽しかったよ。
喧嘩のきっかけはALFEE。「ONE」という曲があるのだが、それが
「世界に一つだけの花」の真似だと旦那が言い出したのだ。(歌詞がね)
私としては、”はぁ?”って感じ。全然似てないし、「ナンバーワンよりオンリーワン」
なんて言葉や考え方、昔からいろんな人が言ってたじゃない。
ばっかじゃない? おまえが知らないだけだわ!
そこからまた(以前にも言われたのだ)、「ALFEEの曲(詞も)はレベルが低い!」
とか言い出して・・・ もうファンが聞いたらキレるようなこと、たくさん言われた。
でもさ、何様のつもり? 専門家でもないくせに偉そうなこと言うな!
レベルが高いとか低いとか、結局は好みでしょ。好きか嫌いか、それだけよ。
私、ミスチルやB'zやレミオロメンも好きだけど、どっちのレベルが高いかなんて
比べたりしないよ。そんなこと、どうでもいいもん。それぞれの良さがあって、
それぞれ好きなんだもの。それが”Only One”ってことでしょ。
ただ、”好き”の大きさが違うだけ。で、私にとってはALFEEへの”好き”が
いちばん大きいだけのこと。
私、旦那はALFEEのこと、人としても嫌いだと思ってたんだけど、
「人は嫌いじゃないよ、おもしろいと思うし。でも曲は嫌い。」だと言い出した。
そんなの、初めて聞いたわ!
何度もコンサート行ったり、出演テレビを欠かさず見たり、そういう行動が
宗教にはまってるのと同じで異常だとさ。
異常ねぇ・・・ まぁ理解できないのはしょうがないね。
何かに夢中になったり、嵌ったり、誰かのファンになったりしたことのない人は
そういう心理はやっぱりわからないんだろうから。
ジャンルや対象が違っても、そういう夢中になったことのある人同士って
気持ちはわかりあえるでしょ。
この前のコンサートの時、友達に、
「旦那は、私が家をあけるのが嫌なんじゃなくて、ALFEEのコンサートに行くのが
嫌なんだと。飲みに行く方がいいって言われた。」と話したら、
「へぇー、普通、逆だよね。コンサートなら行く場所もわかってるし、
誰と行くかもわかってるし、終わる時間もだいたいわかるし、安心じゃん。」って。
そのことを旦那に言ったが、他の人のコンサートならいいらしい。
同じ人のコンサートに何度も行くのがわからないと。
それはALFEEファンなら誰もが言われたことあると思うし、私も母に言われてたし、
これもわからない人にはわからないからしょうがないと思う。
でも、旦那は自分が低レベルで嫌いな音楽を、私が聴くのが気に入らないらしい。
「それって妬いてるんじゃないの?」って言う人、必ずいると思うけど、
(友達にもそう言われたけど)、あれはぜったい違うね。
あの人は、この音楽のことだけじゃなくいつも、自分の考えが正しくて、
普通の考えだと思っていて、それ以外の考えの人はおかしいと考える人なの。
他の考えもあるとか、いろんな人がいるとか、認めない人なの。
視野が狭いというか、器が小さいというか、心が狭いというか・・・
ALFEEのコンサートに行こうが、他の人のコンサートに行こうが、飲みに行こうが、
家をあけることには変わらないし、私が何をしてるかなんて見えないのだから、
そんなこと考えなきゃいいと思わない? 干渉しすぎだよ。
なんで、ALFEEはだめだけど他の人ならいいなんて、指図されなきゃいけないの?
なんで、あんたの基準や好みに私が合わせなきゃいけないの?
そんな権利はないでしょ!
私は自由が好きな人だから、束縛されるのとか指図されるのとか、すごく嫌い!
もうなんで、そこまで言われなきゃいけないの? 私には自由はないの?
違うでしょ。なんか泣けてきた・・・
ALFEEのコンサートに行くことは、私にとっていちばんのストレス解消なの。
それを取り上げられたら、私はストレスで死んでしまうわ。
嫌いなら嫌いでいいし、好きになってほしいともALFEEを認めてほしいとも
ぜんぜん思わない。だけど私がALFEEを好きなことだけは理解してほしいのに…
そう、あの人はそういうこともできない人なのよ。
例えば、誰かが大切にしているものを壊されそうになってたとしても、
自分にとっては大事じゃないからとほっとくんだよ。信じられないでしょ。
普通は、それでも、その人が大事にしてるものだと知ってたら、守ってあげるよね。
それが優しさってもんでしょ。冷たい人なのよ。
だいたい、ファンの人の前で悪口を言うなんて、レベルの低い人間だわ!
そんなことして何が楽しいの? その人が気分悪くなるのわかっててするなんて…
そんなの、ネットの掲示板で嵐をする人と同じじゃん。異常だわ!
「悪口を言いたい」だと? はぁ? 子供か?おまえは!
言いたくても我慢するのが大人でしょ。
ふぅー、もうなんだかどうでもよくなっちゃった・・・ こんな人とはやってけない・・・

あとがき・・・
怒りと勢いで書いたので、支離滅裂な文章かもしれません。
言葉使いも悪いし、長くて、ごめんなさい。
ご意見あったらお聞かせ下さい。

2006年12月23日 (土)

私は良い子なんかじゃない!

今日、お風呂に入りながら、いろいろ考え事をしていて思ったこと。
私は3姉妹だが、姉妹の中で私だけが20代前半で結婚し、子供を2人産んでいて、
姉と妹は30数歳になってから結婚し、まだ子供はいない。
高校卒業後、良い会社に就職して、職場恋愛で結婚し、
収入が良くてまじめそうな旦那、家も建てて・・・ (自慢とかではありません、念の為)
親からすると、親の希望どおりで安心していられる親孝行な子供なのかもしれない。
姉と妹がまだ未婚の頃、「あの子達は早く結婚しないのか」とか愚痴を聞かされた。
でも私は、「別にいいじゃん」と思ってたし、逆に「いいな」とも感じてた。
私だって別に、親の期待にそえようとそうしたわけでもないし、
なんか普通すぎて平凡でつまらないとも思う。
それに、いちばん真面目そうに見える人の方が、実は悪いこと・いけないことを
考えていたりするんじゃないかとも思う。
そう、私はぜんぜん真面目で良い子なんかじゃない!
小学生の時の事で、なぜか覚えていることがある。
実は、姉と私は双子なのだが、小学生の時、2人して眼鏡が必要なぐらい視力が落ち、
眼鏡を作った。
当時は小学生で眼鏡をかけている子はまだ少なく、女の子だし、恥ずかしかった。
学校にかけていかなければいけないのだが、姉は「かけたくない!」と嫌がった。
そこで、母は私に言った。
「○ちゃん(私)がかければ、○ちゃん(姉)もかけると思うから、
○ちゃん(私)、先にかけてくれる?」と。
本当は私だって嫌だったが、かけないと見えないのだから仕方がないと感じ、
何も言わずかけた。
今思うと、私はどこか現実的であきらめがいい子で、姉はとても素直な子だった
のかもしれない。
高校生の頃は、こんな事があった。
姉と友達とで、どこか遠くへ行った時、タクシーに乗った。
その時、確か5人いて、中型?タクシーでは本当は人数オーバーだったが、
みんな一緒に乗りたかったので、運転手に頼んでなんとか乗せてもらった。
でも運転手は、いかにも嫌そうな感じで、そのうちすごいスピードで飛ばした。
私はムカッときて、本当はすごく怖いのに、
「そっちの思い通りに、怖がってなんかやるもんか!」と
ぜんぜん平気そうなふりを続けた。
タクシーを降り、みんなで「なに、あれ? こわかったね~」と話していた時、
姉はなんて言ったか忘れてしまったけど、”怖い”という素振りをそのまま見せていた
そうなのだ。
こう書くと、ほんと私ってかわいくないね。姉の方が素直でかわいいよね。
というか、変な所で負けず嫌い?
自分ではクールだとか冷めてるとかぜんぜん思ってないのだけど、
時々、”動じないね”とか、”飄々としてるように見える”とか言われることがある。
素直に感情を出すのが恥ずかしいと思ってしまうのかな。
例えば、何か失敗をして恥ずかしい~と思った時、
人に「あっ、今、恥ずかしいと思ってるな」って思われることが恥ずかしかったりするの。
わかる?
あれ~、なんか話がずれてきちゃったね(^_^;)
とにかく、私は親が思うような良い子なんかじゃないの。
そんなふうに期待しないでほしいの。
いつか母に言いたいと思う。

2006年12月19日 (火)

早く直してくれ~~!!

1週間前から、食器洗浄機が壊れている。
すぐに電話したのになかなか来てくれず、来ても「ある部品の交換がいる。土日
はさむから、それが届くのが週明けになる。」と言われ、しかたないか・・・と思った。
でも今日、それを持ってきたのに、それでも直らなかった。また別の部品がいるそうだ。
もう、修理するやつの見る目がないんじゃないのー!?
いいかげんにしてくれー! もう手洗いは嫌だ~! 疲れるー! めんどくさーい!
って、食洗機ない家は毎日そうしてるのにね・・・ ごめんなさいm(__)m
でもね、慣れとは良くも悪くもおそろしいものなのさ(^_^;)
それにしても、この食洗機、何度修理したことか・・・
水漏れしたり、電源が入らなくなったり、途中で止まっちゃったり・・・
すぐ壊れるなんておかしいよね。
私、そんなに乱暴に使ってる? んなことないと思うけど(^_^;)
修理代もかかるし、いっそ買い換えた方がいいのかとも思ったけど、
システムキッチンの中に埋め込んでいるものなので、買うと結構高いと思うんだよね・・・
あーあ、しょうがないか・・・ それにしても、早く直してくれ~~!!

2006年12月17日 (日)

ライブで超~幸せ♪

昨日、THE ALFEEのコンサートに行ってきた。
もーう、すっごく良い席で、超~~幸せでしたぁー!
数字的にはアリーナ17列目なんだけど、センターに花道があり、
そのまん前で、そこから3列目だったのだ。
会場に行くまでは、センター花道の近くらしいということしか知らなかったので、
席に着いて、”マジ~!?”
ライブ始まって、4曲目ぐらいでもう桜井さんが歩いてきた。
どんどん近付いてくる・・・ えっ、えっ?、こ、こんな近いの~?
近すぎてドキドキしちゃうぐらい。隣の友達2人は腰砕け状態になってた(笑)
もうね、すごくかっこよかったぁ~!
そして今度は、次の曲で幸ちゃんが来た。
ほっそーい! かっこいい~! あっ、目が合った?
これは終わってから友達みんなが言っていた(笑)
この人はじっと見てる感じなので、”目が合った”と思わせるのが上手だ。
”次はたかみーだ”と期待したが、本編は終わり、アンコールで3人揃って来た。
うわぁーん! 3人ともかっこいいよぉー!
でもたかみーってば、なかなかじっとしていないの。
前向いたり横向いたり、あちこち動いたり・・・
でもでもほんと、幸せな時間でした。こんな席はめったにないからね。
今回は友達のおかげなのです。ありがとうー!
MCでは、たかみーが「いろいろな愛がありますが、どちらかというと、
僕は・・・ 愛されたい!」と発言し、”へっ?”
終了後、友達の中には、”ブーイングよ!”と言う子もいたが、
私は正直でなんかかわいいなと思った。
そりゃあ誰だって愛されたいもの。ただ、そうはっきりとは言いにくい。
そこを正直に言ってしまうところが、たかみーらしいのかもしれないな。
「春の嵐」という曲で、紙ふぶきらしいものが落ちてきた。
もしかして・・・と思ったら、本当にピンクの桜の花びらの形をしていた。
次から次へと舞い降りてきて、とっても幻想的で綺麗でした。
別の曲で飛んできた金色のテープと一緒に持ち帰ってきたよ。
なんか小学生みたいだよね。でも思い出になるんだもん。
今回も広いホールで照明がとても映えていました。
なんか”音と光のページェント”って感じ。
ALFEEのコンサートって、単なるライブだけじゃなく、”見せる”いや”魅せる”ショー的な
要素がいろいろある。
数年前はたかみーがジャニーズのように、宙を飛んでたし・・・
客を楽しませようとしてくれる。
昨日は席のせいもあるけど、ドラムの音が胸に響いて良いなぁと思った。
ALFEEの曲って、音がうるさいとか、派手だとか、大仰だとか、よく言われるけど、
私は好きだな。とてもドラマティックだと思う。
特に曲の後半、盛り上げ方がうまいと思うんだよね。
これを書く前、ちょっと検索したら、”ALFEEのライブに行ってみたい”という人がちらほらいた。
少しでも興味がある人はぜひ来てほしい。きっと衝撃を受けると思う。
テレビで見るALFEEとは違うから(^^)
さて、最後に・・・
こんな良い席をとってくれた友達に感謝!
実は下の子が熱を出していたのだが、元気でいたことに感謝!
それでも行かせてくれた子供と旦那に感謝!
自分自身も風邪をひかずにいたことを神様に感謝!
3時間半、楽しい時間をくれたALFEEに感謝!
もういつもALFEEのコンサートに行くと、こんなふうに素直で温かい気持ちになれる。
だぁーい好きだよ、ALFEEさん!(*^_^*)

2006年12月14日 (木)

私にとっての携帯を選ぶ基準

今日、2年ぶりに新しい携帯を買いました。
auのW42SAのピンク(^^)
キャンペーンとポイントで、とっても安く買えてラッキー!
今回変えようと思ったのは、写真にできる画素数のカメラにしたかったのと、
WINにしたかったのと、データフォルダがいっぱいになっちゃったことかな。
今時~?の理由でしょ。
でもいいの。最新の機能なんていらないから。
自分にとって必要なものさえあれば充分!
それより、見た目とか薄さの方が重要!
ジーンズの後ろポケットに入れても気にならない薄さがいいんだ。
色は、車と同じで、私、白とかシルバーとかつまんなくて嫌なの。
ちなみに、前のは黄緑(^^)
あとは開いた時の雰囲気。あまりに段差があるのは嫌だし。
ふふふ! なんだか新しいものってワクワクするね(^_-)

2006年12月11日 (月)

「たったひとつの恋」男女の違い

「たったひとつの恋」第9話を見て思ったこと。

1.女は変わり身が早く、男はいつまでもひきずる。

別れの時は、女の方が感情的で、男は落ち着いているように見えても、
実際別れてしまえば、女は気持ちの切り替えが早い。
芸能人の離婚話やバツ1の友達の離婚時を見てもそうだ。
女は決心すると行動が早い。男はきっかけがないとだめなのかも。
ちょっと違うけど、うちでも何か事が起きた時、
私はもう起きてしまったことはしょうがないから、この先どうしようかと考えるが、
旦那はなんでこうなったんだ?だからこうしちゃいけないんだ!と言う。
そんなこと言ったって、もう時は戻らないのにね。

2.男は待てるが、女は待てない。

弘人ははっきりと「待ってほしい」とか「いつか・・・」とか言わなかったけど、
その気持ちがあったはず。でも、女はそう言われない限り、
今だめならしょうがないと思ってしまうんだと思う。
私の知り合いの話だが、大学時代ずっと付き合ってた二人が、
男が就職で遠くに行ってしまい、遠距離恋愛になった。
二人は結婚の約束をし、婚約までしたが、
男は結婚の為に、車も買わずお金を貯め、会いに行く回数も減らしてしまった。
女はだんだん寂しさにも慣れ、気持ちが冷めてしまい、
二人は別れることになってしまったのだ。
男は多少会えなくても気持ちは変わらないと思うのだろうが、
女は心が変わりやすく、順応性も高いから、寂しければそれを紛らすために
別のことをしたり遊んだりしてるうちに慣れていってしまうのだ。
だから男性諸君よ、女はちゃんとつかまえておけ!できるだけ待たせるな!
それから、”つった魚に餌をやらない”はだめよ!
なーんて偉そうなことを書いてしまいました・・・(^_^;)

さて最終回、どう終わるかな?
せっかく主役二人が良いのに、脚本が古いというかイマイチだなぁって
思いながらも見続けたので、もちろん見るつもり。
やっぱりハッピーエンドで終わると思うが、どうハッピーエンドに持っていくのかが
気になるところ。
婚約まで行ってるのに、また弘人に戻る菜緒。親にはどう対処するのか?
そこがいちばん気になりますね~。

2006年12月 7日 (木)

素敵な人たち

今日の「いいとも」ゲストは、うつみ宮土理さんだった。
私、この人見るの、久しぶりだったのだが、変わったなぁと思った。
以前は髪型も変だったし、服のセンスもないなぁって思ってたのに、
今日は髪型もボブに変え、メイクも綺麗だったし、服も白いシャツとジーンズに
クロスのイヤリングorピアスにクロスの3連ぐらいのネックレスをしてて、
若々しく素敵だった。
スタイリストやヘアメイクさんが変わったのかなんなのかわからないけど、
とても良くなっていた。
韓流にはまって、ハングル語を習ってて、留学もすると言っていたが、
やっぱり何かに夢中になって前向きでいる人は、年齢に関係なく、
輝いてて素敵だよね。
それに、何か好きなことができると、それに伴って何かをする原動力になるのは、
とても良いことだと思う。
そうそう、昨日は真琴つばささんがゲストだった。
もう、あいかわらずかっこいいよね、この人は。
宝塚やめると、男役だった人もみんな女らしくなっていくけど、
この人ってあまり変わらないんじゃない? もちろん良い意味で。
そのまま、我が道を行ってほしいなぁ。

2006年12月 6日 (水)

最近の夫婦関係

最近、夫婦関係が落ち着いてる気がする。
旦那がちょっとしたことですぐ怒ったり、私を馬鹿にした態度とったりするので、
私もむかついて言い返して嫌な気分になってたのに、
最近はそういうことがないので、穏やかになってる。
急に優しくなったりすると、浮気してるのか?と疑うのだろうけど、
別に優しくなったわけではなく、怒らなくなっただけだけど。
なんでかな? たまたま・・・かな。
こうしてると、まだ旦那とも大丈夫かなと思えてしまう。
私も勝手だな。
先週金曜日の「いい女」で、本多さんが詩織に「結局、あなたは自分がかわいいだけなんだ。
結婚生活で埋められないものを他の男にちやほやされて満足してるだけ。
本当に人を愛することを知らないんだ。」と言われていたが、
その言葉、私の胸にもグサッ!ときた。
そうなのかもしれない・・・ 愛されないと愛せないのだろうか・・・
それはなんか哀しいよね。あー、またいろいろ考えてしまう・・・
うまく書けないので、またにします。

ブログ始めて、今日でちょうど1ヶ月。
忙しくて書けない日が続いたり、旦那に秘密なので土日は書けなかったりするけど、
それでも20記事書いたのだから、頑張ったよね。うん、自分を褒めてあげよう(^^)
これからも頑張って続けるよ。
ジャンルを絞った方がいいのかな?とも思ったけれど、
いろんなことを思い、いろんなことを書きたいので、
これからもこのスタイルで行こうと思います。よろしくね~(^_-)

2006年12月 4日 (月)

気の力ってすごい?

先週末、温泉旅行に行ってきた。
先月、生理が予定より早く来たので、うわっ、ぶつかる~! 嫌だなぁと思ったが、
無事あたらず、よかった~と安心した。ところが、その後もなかなか来なかった。
やっときて、手帳に書き込んで気付いた。
だいたい28~30日周期で、たまに早かったり遅かったりするのだが、
今回と同じくらい遅く来たのが4月だった。
日にちを見たら、この時は入学式に当たりそうで、
同じく「ぶつからないでー!」と思っていたのを思い出した。
おー、これって2回とも、「来ないでー!」という気持ちが通じたってこと?(誰に?)
強い気の力は、生理周期も遅らせることができるのか?(笑)
すごいぞ、私! >違うって。
でもほんと、私って運が良くて、何かの行事とか帰省や旅行とか、
ぶつかることはほとんどない。ラッキーなやつだね。
そういえば、むかーし、旦那と初めて二人だけでスキー旅行に行った時は
もろぶつかったなぁ。あれは何だったんだろう?(^_^;)
でも、気の力ってあるよね。
例えば、翌日、絶対に早起きしなければいけない時、寝る前に自分に暗示をかけると、
いつもはすぐに起きられないくせに、ちゃんと起きられるでしょ。
私の場合、それが強すぎて、何度も起きちゃったり、早過ぎる時間に起きちゃったりするけど(^^)
これはうちの子供たちに教え込まなくちゃ。
だって、うるさーい目覚まし時計がジリーン!ジリーン!鳴ってるのに、
ぜんぜん起きないのよ。まったく、どういう神経してんのよ!

2006年12月 3日 (日)

クリスマスリースが…(ToT)

そろそろ冬仕様のテンプレートに変えようと思っていたら、
こんなクリスマス柄ができていたので、これに変えました。
う~ん、季節感は大事だね(^^)
我が家もツリーだけは出しました。
徐々に部屋の中もクリスマスモードにしなくちゃ。
でも今日、玄関ドアにリースをかけようとしたら、あやまって下に落としてしまい、
なんと! 割れちゃったよ。ショック~~!!
自然素材のもので作ってあるリースなんだけど、中のベースは発砲スチロールだったのだ。
これ、すごく気に入ってたのに・・・ あーあ、アホな私・・・
またリース探しに行かなくちゃ。なかなか気に入るものって見つからないんだよね。
ふぇ~~ん!!

2006年12月 1日 (金)

「秋の夜長」っておかしくない?

「秋の夜長」って言葉、私はおかしいと思う。
日が落ちるのが早くて、暗い時間が長いだけで、別に”夜”が長いわけじゃないもの。
だってそうでしょ? 日が長かろうが短かろうが、生活は変わらないじゃない?
旦那も子供も同じ時間に出掛けて、同じ時間に帰ってくるし、
習い事の時間も同じだし、寝起きの時間も同じだし。
だったら、明るい時間が長い方が動きやすくていいと思わない?
暗い時間に運転するの嫌だし、暗いと出掛けたくなくなるのよね、私。
暗い時間が長くて何がいいの?とか思う。
夜遊びする人とか、夜からの仕事の人とか、明るいうちからいや(#^.^#)って人とか?(笑)
私はぜったい日の長い夏が好き。
でも、サマータイム制導入は反対。だから、年中、生活は変わるものじゃないから。
そんなの、かえってめんどくさいだけよ。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月と星と

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ