トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

メリーズのCMの話→性欲の話(^_^;)

今、流れてる、メリーズ(紙オムツ)のCM、めっちゃかわいいー!!と思わない?
赤ちゃんが縦抱きにされて、お母さんのおっぱいを飲んでるやつ。
小さな手をお母さんのおっぱいに添えて飲むのよね~。
あれがもうかわいくてしょうがないのよね~。
自分の子供たちの時のことを思い出しちゃった。
ふたりとも母乳だったから、合わせて、約2年間おっぱいあげてたんだよなぁ。
毎日毎日、一日に何回ものことだから、いつもいつも”かわいい!”なんて
思ってられなくて、”めんどくさい、早く飲んでよ”って時ももちろんあったけど、
自分が母乳出るタイプでよかったなぁって本当に思った。
母乳の出がいいかどうかは何が理由かよく知らないけど、大きさではないよ、もちろん(^^)
逆に、バストの大きい人の方が出ないとかいう噂も聞いたなぁ。
ところで、出産経験のない皆さん、授乳期間は性欲がなくなるって知ってますか?(女がね)
もちろん、個人差はあると思うけど、私はそうだった。
どうしてなのか知らないけど、生理も止まってるのだから、
ホルモンの状態がどこか普通ではないんだろうね。
赤ちゃんに吸われるのと、男に吸われるのは、もちろんぜんぜん違うのだけど・・・(^_^;)
だいたい、その期間の胸って硬く張ってて、乳くさいし、色気も何もない状態だしね。
でも、性欲がなくなるなんて話、最初は知らなかったから、少し戸惑った。
どこかで読んで、あー、私はおかしかったわけじゃないんだって安心した。
今はこういう情報、どこかで知らされているのかなぁ?
赤ちゃん雑誌とか産院とか、夫婦にそろって教えるべきだと私は思う。
知らないから、こういう期間に旦那さんが浮気しちゃったりするんじゃないの?
だから、産んでからより、妊娠中にエッチしておいた方がいいよと、
出産前の夫婦に私は教えたい。
そういえば、胸って妊娠中からだんだん大きくなるんだよね。
でも、そういう実感はあまりなかったなぁ。
だって、比例してお腹が大きくなるから、目立たないんだもん(^^)

2006年11月28日 (火)

「いい女」嵌ってます(^^)

今、TBSの昼ドラ「いい女」に嵌っている。
めんどくさいので、あらすじはHPを見て下さ~いm(__)m
最初の頃は、うんうん、わかる!と楽しく見ていて、
そんなドロドロ劇ではないだろうと思ってたから、
結局、最後は”旦那とうまくいってハッピーエンド”かなと思っていたのだが、
だんだんドロドロしてきて、どうなっていくんだろうと目が離せなくなってきた。
明日は家族の前で、「やっぱり離婚する!」と詩織が宣言するようだけど、
子供たちの受験まであと4ヶ月、それまでは待つべきだと私は思う。
詩織の気持ちもわかるが、受験には精神的な落ち着きも必要、
子供たちのことを考えてなら4ヶ月ぐらいは我慢できるはず。
そしてそのことをきちんと本多さんに話せば、わかってもらえたと思うのに・・・
なんだか詩織は人の意見に振り回されすぎ。
このドラマ、あらすじが1週間分まとめてアップされるのだが、
それを読むと、本多さんとも別れることになるみたいで、さらにどうなるの~?って感じ。
最初は詩織に同意して見ていたけど、だんだんいろいろ考えさせられるようになってきた。
あと2週間半、最後まで見たら、また感想を書こうかな。
そうそう、BBSにも様々な意見、体験談があり、それもいろいろ考えさせられるよ。

それにしても、本多役の岡田浩暉さんはすごくかっこいい! 声もいいし・・・(*^_^*)
この人って昔からドラマにちょこちょこ出てたけど、こんなにかっこよかったっけ?
もう40歳超えてるらしいけど、まだ30代に見えるわ。
こんな人にあんなに攻められたら、コロッといっちゃうわよね~。
ま、現実には、ない、ない!(^^)

2006年11月23日 (木)

白髪? 白毛?

30代になると、白髪が出てくる人もたくさんいると思うけど、私にはまだ白髪はない。
美容師さんにも聞いたので、本当だと思う。(嘘ついてくれてたりして・・・(^_^;))
ちょっと優越感があったんだけど、ある時気付いた。
白髪(頭の毛)はないけど、あそこの毛にはあったの・・・ 白いのが、5,6本・・・
見つけたのはもうずいぶん前なんだけど、すごーーくショックだった。
白くなるのは、頭だけじゃなく、眉毛やひげにもできるんだから、
別に不思議なことではないし、見えない所なんだからいいじゃないの!と
言われれば、そうなんだけれど・・・
なんか、そこだけ? そこから? なんで? みたいな・・・
どこかのサイトで同じ状況の人がいて、少し安心したけどね。

うわっ、なんかすごく恥ずかしい告白をしてしまいました(#^.^#)
ぜんぜん知らない人ならば別にいいけど、
知り合いに読まれたら恥ずかしいわね。読んでる方も恥ずかしいか・・・
”こんなこともあるのよ”ってことと、”ショックだったの~”ってことが
言いたかっただけです。
コメントしてくれなくてもいいよ~(^^ゞ

2006年11月22日 (水)

今日はミーハーなお話(^^)

今日は、THE ALFEEの3年ぶりのオリジナルアルバム
「ONE -Venus of Rock-」の発売日!
 One1







3年なんて、もう待ちくたびれたよぉー。
なのに、シングルやらカップリングやらで、真の新曲は6曲だけかよ!
と思ってたんだけど・・・
聴いたら、もーう、すごくいいー!! うーん、やっぱり大好き、ALFEE!!
どれもいいけど、今は、「天河の舟」と「Change」が好きだなぁ。
聴いていくうちに、それからライブで聴くと、また変わってくると思うけどね。
ライブで楽しみなのは、「Shout」 早く一緒に”Shout!”って叫びたい!
気持ち良さそ~う(^^)
歌詞の面で言えば、「Change」の中の歌詞が、私のこと?と思ってしまった。

  Change My Life 変えてみたい
  今までの生き方を
  だけど 探せない 本当の自分が

  Change My Dream 見つけたい
  素晴らしい人生を
  だけど 見つからない 自分の生き方

                     作詞 高見沢俊彦

でもきっと、こんなふうに感じてる人は多いのだろう。
一生、探しながら生きていくのかもしれないよね。
ファン以外の皆さん、上戸彩ちゃんに提供した「夢のチカラ」も
セルフプロデュースで入ってるので、聴いてくれたら嬉しいな。
あーん、もう早くライブに行きたいよぉー!!

2006年11月21日 (火)

自分が思う自分と、人から見た自分

あたりまえかもしれないが、自分が思ってる自分と、人が思ってる自分は違うんだなぁと
最近、友達から褒め言葉をもらって、改めて思った。

「前向きだよね」
どうしても前向きに考えられず、悩んで、やる気をなくすことも多いよぉ。

「行動力あるよね」
やりたいと思いつつも、なかなか始められないこと、たくさんあるのに。

「表現力・文章力あるね」
うそー、どこが!? 本を読まない私は語彙力も表現力も文章力もぜんぜんないと
マジに思ってて、情けないなぁっていつも思ってるのに。
まわりの友達の方がぜったいあると常々思っているのに。
これがいちばん驚いた。

私ってほんと自分に自信がないんだよね。
でも、こうやって褒めてくれる友達がいる。やっぱり、すごく嬉しい。
自分のこと、過小評価しすぎなのかな。
そういえば、数年前に読んだ、浅見帆帆子さんの本に、
「他人が褒めてくれたことに、否定しちゃいけない。」と書いてあった。
「否定すると、そのとおりになってしまう」と。
褒められたら、素直に”ありがとう”と言うのがいいらしい。
つい謙遜する言葉が出てしまうが、
よし! これからは勇気を持って、”ありがとう”と言おう!

みんな、ありがとね!(*^_^*)

2006年11月20日 (月)

上から下から…は辛いよ…

土日忙しくてブログを書けなかったので、今日はちゃんと書きたかったのに、
調子悪いよー。微熱と頭痛があって、気分もまだ悪い・・・
実は昨日の深夜、急にお腹が痛くなって、
すごい寒気と吐き気もして、トイレに駆け込んだ。
吐きそうになるんだけど、もうすっかり消化されているので、何も吐くものはなく、
今度は下から出そうになり、便座に座った。
もう上から下から状態! 汚い話でごめんなさい・・・(-_-;)
あー、久しぶりにこれなったなぁと思った。
以前は年に3回ぐらい、この状態になることがあったのだ。
寒さと疲れと寝不足が重なると、なるみたいだと気付いてから、
気をつけるようにしてたので、ここ最近はならなかったのに。
もうこれ、すごく辛いの・・・ 上か下かどっちかにしてー!
寒くてしょうがないのに、汗がだらだら出てくるし・・・
もう誰か助けて~!状態。でも自分の体のことだから、何もしてくれることはないし。
なんとか治まり、パジャマを着替え、厚いふとんに換え、寝たけれど
朝になっても調子悪いのは、風邪なんだろうか?
今日は暖かい部屋でおとなしくしてることにしよう。
買い物行かなきゃいけないけど、外に出たくない。
何もないけど、なんとかご飯作れるかなぁ。

2006年11月17日 (金)

「死ぬまでにしたい10のこと」

2002年に公開された、この映画。当時、興味を持ちつつも見てなかった。
ジョニーの映画をレンタルし始めた頃、ふと、こんな映画があったことを思い出した。
そしてレンタルショップで、ジョニーの映画を探している時に、偶然見つけたのだ。
さっそく借りて見た。うん、良かった・・・
彼女はなんて強いんだろうと思った。
死ぬという事実を誰にも告げず、自分ひとりで受け止め、死ぬ準備をしていく。
私だったらとても耐えられないと思う。周りの人にわかってもらい、支えてほしいと
思ってしまう。それが普通だよね。
”誰にも迷惑や心配をかけたくない”という彼女だけど、
でもどうだろう。彼女の死後、家族やまわりの人たちは、やっぱり教えてほしかった
と思うのではないのかな。突然死んでしまうなんて、そんなのないよーと。
もしかしたら、自分のしたいことを確実に実行するためだったのかな。

このしたいこと10の中に、
 ・夫以外の男の人とつきあってみる
 ・誰かが私に恋に落ちるよう誘惑する
というのがある。
(ちなみに、”夫以外の人とつきあってみる”の英文を見ると、
make loveとある。つまりセックスするということ。)
これは理解できないとか批判的な意見がけっこうあるが、
私はわかるなぁと思った。私もそうしたいと思うから。
理解できないという人はきっと、それなりの回数と経験の恋愛をしてきた人だろう。
この主人公の彼女は、17歳で、初めてつきあった人、初めてキスした人、
初めてセックスした人と子供ができて結婚したのだ。
後悔しているわけじゃなくても、もっと恋愛したかったと思うのではないだろうか。
最初、映画を見る前にこの項目を読んだ時は、
旦那とは冷めちゃってるのか不満があるのかと思ったが、
見てみると、旦那さんは良い人だし、ちゃんと愛し合ってる。
それでも、そうしたかったのだ。
私、思うんだけど、真面目に生きてきた人は、命の期限を知った時に、
逆に、いけないことをしたい、はめをはずしたいと思い、
悪いことをして生きてきた人は、死ぬ前に善良なことをしたいと思うんじゃないかな。
実は私も旦那しか男を知らない。他の人とだとどうなんだろう・・・?って
いう変な好奇心があるけれど、勇気なしと理性ありでそんなことできない。
でももしも、若く死ぬとわかったら、実行しても罪にならないよね。だめ?
ただ、この男の人にも彼女は何も言わないから、彼女が死んだら、
この人を悲しませることになるでしょ。そのことには彼女も最後にやっと気付いた
という感じだった。本気にさせてはいけないのかも。

さて、私だったら何をしたいか考えてみた。(さっきの以外に)
 ・ALFEEのライブに行けるだけたくさん行く
 ・家族や友達にひとりづつ手紙を書く
 ・家族で旅行やいろんなことをして子供たちに思い出を作ってあげる
 ・海外旅行に行く
 ・母に親孝行する
 ・旦那と冷めたままは嫌なので、少しでも取り戻せるようにする
 ・全身お金をかけて、思いっきりおしゃれをする
こんな感じかな。皆さんはどうですか?

2006年11月16日 (木)

なんでわかっちゃうの~?

OL時代、違う会社から常駐で来ている人が何人かいて、
うちの会社の人も一緒に、よくみんなで遊びに行ったりしていた。
その中に、とても勘の鋭いというか、察しの良い人がいて、
何も話してないのに、ぴったり当てられたことが何度かあった。
私と旦那は職場恋愛で、けっこうみんなに知られていて、その人ももちろん知っていた。
旦那にプロポーズされ返事したけど、今すぐは・・・と迷っていた頃、
「そろそろ結婚しないの? いつまでも待たせてると離れていっちゃうよ。」とか、
やっと決意し、旦那の両親に挨拶しに行く為のスーツを買いに行った翌日、
「昨日の帰り、どっか行ったの?」
「服買いに行ってた」
「向こうの親に会いにいくための?」とか。
あっ、こんなこともあった。
旦那と二人で有給をとってラブホ行った翌日の会社で、
「さっき、○○さん(旦那)とすれ違ったけど、△△さん(私)と同じにおいがしたよ」と。
どれも平静を装って否定したけれど、びっくりしたよ。なんで~?って。
特に最後のはね~、そんなわけはないから(だって泊まりじゃないもん)、
かまかけてるのか、からかってるのか、かもしれないけど、
タイミングが良いだけにドキッ!よ(^_^;)
それとも、もしかしてばれてた?(笑)
そういえば、その人たちと、私の学生時代からの友達も一緒に飲みに行ったことが
あって、その子も彼氏とのことを当てられて驚いてたなぁ。
でも私、この人のこと好きだったな。って恋愛感情じゃなく、人としてね。
おもしろくて楽しい人だったし、仕事は丁寧に教えてくれたし。
歳が一回り上だったから、当時の私には恋愛対象というより、
歳の離れたお兄さんというか、人生の先輩というか・・・
ちなみに結婚してましたよ、その人。
私が入社してからずっと仕事が一緒だったので、
私の成長?を見てて、自然とわかったのかもしれないなぁ。
今、どうしているんだろう・・・?
でも今会ったら、また今の私も見透かされてしまうのかも。ちょっと恐いな(^^)

2006年11月15日 (水)

ピアスあけたら人生変わる?

昔はピアスにぜんぜん興味がなかったんだけど、
今年の春頃、突然、ピアスあけてみようかなぁと思い始めた。
なぜ突然そう思いついたのか、わからない・・・
ただ、おしゃれとしてあけたいというよりも、
なんか人生変わるかなぁって思いの方が強いかも。
不純?だぁね~。”ピアスあけたら人生変わる”なんて話、本当だかわからないし、
良い方に変わるとは限らないのにねぇ。
やっぱり穴開けるのはちょっと怖いし、そんな簡単な思いつきでやっちゃっていいのか?
と思い、まだ実行しよう!とまではいっていない。
でも考えようによっては、あけたって、やっぱりやだ!と思ったら、
はずして放っておけば穴ふさがるんだから、やってみちゃってもいいのかも(^^)
なんだか最近、男の人の片耳ピアスにちょっと萌え~(*^_^*)
幸ちゃん(ALFEEの坂崎さん)とか亀梨くんとか、似合う人っていいなぁ。

2006年11月14日 (火)

子供のしつけについて、旦那と違うこと

先日、下の子が納戸の中の物をくしゃくしゃにしてたのを旦那が見つけ、
「なんで、あんな汚いままなんだ!」と私に怒った。
納戸なんて毎日開けるわけじゃないんだから、ドアが閉まってたら知らんわ!
それに、子供がやったことなんだから、子供を叱るべきでしょ。
「早く片付けろ!」
はぁ? なんで私がやるのよ? 子供がやったことなんだから、
本人にやらせるべきでしょ。赤ちゃんじゃないんだから。
ちゃんと本人を叱って、本人に片付けさせる。
すごく当たり前のことだと思うんだけど。それが”しつけ”というものでしょ。
もう小学生なんだから、ちゃんと自分がやったことの処理はさせるべき。
前にも同じようなことがあり、同じことを私は旦那に言ったのに、
まだわかってないみたいだ。
はぁ~、なんでこんな簡単なことがわからないんだろう?

ついでに、もうひとつ書いちゃおう。
24時間テレビのマラソンの話の時、旦那は、
「あんなの、みんな、お金の為と名前を売るために走ってるんだろ」と子供の前で言った。
ちょっと待って。そういうことは、大人同士での会話。
子供にそういう”大人の事情”は話さない方がいいと思う。
私がそう言うと、「そんなの、いつかわかるんだから。」
そうだけど、それは子供たちが成長して自分で知っていくこと。
子供のうちは、素直に、「すごいね!」と感動しててほしい。
純粋な子供の時に、そういう裏事情を知ってしまうと、
感動のない、冷めた子供になってしまうんじゃないかと私は心配してしまう。
いくら賢い上の子でも、まだ小学生、まだまだ子供なのだから、
大人と同じ会話をしてはいけないと思う。
大人と子供、体の大きさが違うだけではない。
どこかで読んだ言葉だけど、”子供は小さい大人ではない”のだから。
私の考え、おかしくないですよね?

2006年11月12日 (日)

面白いアンケート

昨夜、面白いアンケート記事を見つけた。
まずは↓を読んでみて。
恋人を取られても仕方がないと思うアーティスト
ここに書かれていること、わかるなぁ。
男ってなぜか普通っぽい女性芸能人が好きだよね。
長○まさみとか、菊○玲とか、デビュー当時の広○涼子とか。
女から見ると、たいして可愛くないじゃん!そこらにいそうじゃん!と思うような子が。
以前、auのCMに仲間由紀江と菊○玲が一緒に出てたことがあり、
「なんか一緒に出てると、差が歴然とするよね。」と旦那に言ったら、
「どっちが?」と言われ、えっ?と思った。
私は仲間由紀江はすごく綺麗だと思ってるけど、旦那は逆に思ってたらしい。
うそぉー・・・!
まぁ、人によって美意識は違うし、好みも違うけれど・・・
女は自分じゃ敵わない美人じゃないと、認めないというところあるよね。
そういう人には素直に「綺麗だなぁ」と思うし憧れるけど、
たいして可愛くない人にはなんでちやほやされてるの?って思っちゃう。
男女の考えの違いっておもしろいね。

2006年11月11日 (土)

男女どっちの子供が欲しいかで…

数年前、あるドラマの中で、
「男女どちらの子供が欲しいと思うかで、女が男をどれだけ愛しているかがわかる。
男を本当に愛してる女は、男の子を欲しがり、
女の子が欲しいと思う女は、自分のことの方がかわいい。」
というセリフがあった。
最初はふーん、そうかなぁと思ったが、よく考えるとこれ当たっているかもしれない。
私は女の子が欲しいと思っていた。それは、自分が女きょうだいしかいなくて、
男の子のことはわからないと思ってたし、女の子の方が育てやすいと思ってたから。
でも、それだけじゃなかったのかも・・・
ふと、もしも相手がたかみーだったら・・・と考えたら、
絶対たかみーに似た男の子が欲しいなと思ったのだ。
あらら、これは問題発言?(^_^;)
いやいや、比べる対象ではないから、一概には言えないけど。
少し話はそれるけど、何年か前に友達が面白いことを言った。
「たかみー、結婚してもしなくてもどっちでもいいけど、
子供はつくっておいてよ。だって、あの遺伝子を残さないのはもったいない!」と。
ははは・・・! 笑ったけど、その意見、私も賛成! それも絶対男の子で。
たかみー似の男の子かー。めちゃくちゃ可愛いだろうけど、
めちゃくちゃ大変そう(笑) 私には育てるの、無理だわ。
話を少し戻して・・・
「ベルばら」のサイドストーリーに、二人がその後も生きていて、子供が生まれた
設定の話がいくつかあり、男の子だったり女の子だったりするのだが、
私が書くとしたら、絶対アンドレ似の男の子にするなぁと思っている。
だって、オスカルは絶対、アンドレ似の男の子を欲しがっただろうなと思うから。
アンドレはというと、彼は彼女が自分の子供を産んでくれるというだけで感激で、
男女どっちだとかどっち似だとかそんなことは全く気にしないと思うから。
でも性格までアンドレに似たらつまんないな。
性格はオスカル似で、それゆえにオスカルと息子はすぐ衝突し、
それをオスカルの扱いに慣れてるアンドレがいつも収めるって感じ(^^)
ふふっ! 妄想しちゃった。

2006年11月10日 (金)

「ドンファン」見て、あなたもロマンス病に!

ジョニー・デップを好きになってから、彼の過去の作品を見たくなり、
少しずつレンタルして見ている。ついこの前は、’95年公開の「ドンファン」を見た。
これがね~、良かったのよ~。
レンタルショップで、DVDケースに書かれた、日本向けの宣伝コピー
「この映画を見たら誰もがベッドインしたくなる」に惹かれてしまったのだが(^_^;)
といっても、そんな官能的な映画ではない。
簡単にストーリーを書くと・・・

21歳の若さにもかかわらず、約1500人もの女性と関係を持つドンファン・デマルコ。
最愛の女性にふられたことから自殺をはかろうとした彼だったが、引退を10日後に
控えた精神科医のジャック・ミックラーのもとに引き取られる。そこで自称「愛の貴公子」
ドンファンは、今までの愛の遍歴を語り始める-----。その話を聞いているうちに、
ジャックも若かりし日の情熱を思い出すのであった。

ドンファンの語る話は、どこまでが真実で、どこからが空想なのか、
よくわからないけれど、なぜか惹き込まれていってしまうのだ。
どこかファンタジックで、くすっと笑えるシーンもあり、それでいて
いつのまにか、この精神科医のようにロマンス病にかかってしまう。
ジョニー演じるドンファンは、あーこんな男だったら抱かれてみたい・・・と
思ってしまう、甘い雰囲気のいい男だった。
いつも目が潤んでるというか、キラキラしてるように見えたのは、
また特殊なコンタクトを使った技なのかな。
ドンファンのセリフ・・・「どの女も美しく神々しく完璧だ。
私は偏った見方をしないからだ。女は皆、私の前では素直だ。
女の奥に秘められた美しさを見いだし、それを愛してやるからだ。」
う~ん、この人は丁寧に愛撫してくれそう(*^_^*)

また、精神科医がドンファンに影響されて変わっていくのも面白い。
記念日でもなんでもない日に、奥さんとレストランへ行き、
花束とプレゼントを渡し、店のコーラス隊?に歌を歌ってもらい、
奥さんを驚かすのだが、こんなことされて嬉しくない女性はいないよね。
それに、きっと旦那さんのこと、かっこよく見えちゃうと思う。
それから、私の気に入った、精神科医と奥さんの会話↓

「君が誰なのか知りたい」
「今さら何を言うの?」
「君の全てを知りたい」
「例えば?」
「君がどんなことを望んでるかとか、君の夢とか・・・
僕は気づかなかった。自分のことばかりで。」
(笑)
「なぜ笑う?」
「うれしくて・・・」

ねー、いいでしょ?
長年連れ添った旦那さんに、こんなこと言われたら感激するよね。

突っ込みどころもいろいろある。
21歳という若さでこういうこと言われても説得力がないんじゃないの?
せめて30歳以上じゃないと・・・ということ。
それから、冒頭の自殺をする前に、最後の女とやってからという考え。
本当に失恋してショック受けてるのかぁ? よ(笑)

「ドンファン」以外に、ジョニーファン初心者の皆さんに、私が見た中で
お奨めは、「シザーハンズ」「ギルバート・グレイプ」「妹の恋人」「ブロウ」
「チャーリーとチョコレート工場」です。
まだ見てないものもあるので、良いのがあったらまた紹介しますね。
私は「リバティーン」が早く見たーい!

2006年11月 9日 (木)

好きな音楽こそが癒しだ!

数年前、”癒しの音楽”とか”ヒーリングミュージック”とか
いうのが流行ったよね。
その頃、たかみーが語った話に、私は激しく同意した。

「最近、癒しの音楽っていうのが流行ってるけど、
音楽自体、もともと”癒し”なんだよ。それを
”ヒーリングミュージック”とかいって、
”これを聴けば誰もが癒される”なんて、
宗教みたいで俺はいやだ。
俺はハードロック聴いて、眠るやつなんだ。
それぞれ好きな音楽こそが癒しだ。」

聞き覚えなので正しくはないが、このようなことを言っていた。
うん、うん、うん!と私は聞いていた。
音楽とは、楽しむもの、心地よくなれるもの。
でも、人それぞれ好みがあり、心地よいと感じるものは違う。
好き、心地よい=癒しだよね。
私の旦那はALFEEが嫌い。
音楽の好みが違うので、別に私は気にしていない。
でも、どれも似てるとか、抑揚がないだとか、レベルが低いだとか、
そんなのよりこっちの方が良いから、これを聴けだとか、
うるさいわー!!
だから何? 悪口言えば、私の気が変わるとでも思ってるわけ?
ばっかじゃないの?
レベルが低い? こっちの方が良い?
そんなの、誰が決めるの? 私が決めることよ!
細かい専門的なことなんてどうでもいいのよ。
たいして売れてなくても、かまわないの。
私にとっては、ALFEEの音楽がいちばん好きで心地よいんだから。
CDを車の中で聴いて、
「もう、かっこいいーー!」「あーん、なんて良い曲なの~!」
って、マジで思ってるんだから。
誰がなんと言おうと私にとっていちばん!というほど、
好きなものを持ってる私は幸せだと思うわ。
だから、旦那よ。嫌いなら嫌いでいいから、黙っててくれる?
私の気が変わることなんてないんだから、あきらめろっつーの!

2006年11月 8日 (水)

夢で、亀梨くんと…(*^_^*)

1ヶ月ぐらい前かな。KAT-TUNの亀梨くんが夢に出てきた。
しかも、キスする夢! きゃー(*^_^*)

内容はね・・・
なぜか二人でベットの上にいた。
恋人という関係ではなく、仕事?バイト?が同じで、その休憩と
いう感じだった。ダブルベットらしく広くて、私達は端と端に
それぞれ寝転がって、話をしていた。
そのうち良い雰囲気になってきて、近付き、1度目のキス。
なぜか直前まで薄目を開けてた私。
2度目は舌を絡ませて・・・
3度目はぎゅーと抱きしめられて、ベットの上をごろごろ転がり、
ベットから落ちた。

と、ここで目が覚めた。目覚めて唖然。
なに?今の夢・・・ なんで亀梨くんなの~?
あっ、誤解しないでね。亀梨くんじゃ嫌だというわけじゃないので。
「野ブタをプロデュース」を見て、彼のこと、いいなと思ったけど、
この夢を見た頃は「サプリ」も見てなかったし、
特に意識してなかったのに・・・ びっくり!
逆にこの夢見てから、ちょっと意識してしまってる。(いくつだよ、私!)
亀梨ファンの皆さん、ごめんなさ~い(^^ゞ
ファンでもないのに、こんな夢見ちゃって・・・
でも、このこととは関係なしに、最近いいなぁと思ってるよ。
なーんか良いよね~、彼。うまく言えないけど。
でも、こういう夢ってありませんか?
すっごく好きな人じゃなく、ちょっといいなぐらいの人と、
夢の中でデートしてたり、キスしてたり・・・
私の場合、サッカーの中田くんとか俳優の反町くんとか
昔、出てきたことがある。
だぁーい好きなたかみーとは、そんな色っぽい夢見ない。
なんでだろう? たかみーは好き過ぎて、
そういう”邪”な思いを抱かないからかな。
これっておかしい? 芸能人のファンの皆さん、
その人とキスしたいとかHしたいとか考えますか?
私、たかみーにはそういうこと考えないなぁ。
って、たかみーに男としての魅力がないとか、色気がないと
いうわけじゃないよ。そういえば、1度だけあるわ。
あるアルバムの歌詞カードの中のある写真を見た時。
何かにもたれて、めずらしく愁いを帯びた表情でこちらを見ていて・・・
もう、目の前でこんな顔されたら、キスして抱きしめちゃうよ!って思ったなぁ。
で、夢の話に戻すと、目覚めて唖然とした後、
”続きが見たい!”と目をつぶったが、見られるはずもなく・・・
残念だわぁ、その先にすすんだかもしれないのに・・・と
思った私であった(*^。^*)
きゃー、石投げないでぇー!

2006年11月 7日 (火)

サイドストーリーって面白い!

プロフィールにもあるとおり、今年、「ベルばら」に嵌ってしまった私。
ネットで検索すると、ファンサイトがいっぱい!
そしてサイドストーリーもたくさんあって驚いた。これが、皆さん上手で

おもしろい。文章力も表現力も創造力もない私からすると、ただただ尊敬!
原作の隙間の話だったり、ちょっとしたエピソードだったり、
二人が生き延びていたらの話だったり、いろいろあり、
思わず涙が出てしまうのもあったりする。
そして、R18の話も結構あるの(*^。^*) なにせ原作では、2人には

たった一夜しかなかったからねぇ~。ファンももう大人だしねぇ。
こういう場合、苦手な人の為に、注釈があったりページが分けてあったり
するのだけれど、大人な私はぜんぜん平気。
というか喜んで読んでる(*^_^*)
あまりに露骨じゃなければOK。というか、品があるかどうかよね。
でもね、オスカル&アンドレじゃない組み合わせや、好きだと自覚して
いないのに雰囲気で…とか流れで…とかでしちゃうのは嫌。
オスカルは絶対そういう人ではないと思うので。
ところで、こういう官能的な話って、書く人はどんな気分で書くんでしょう?
書いた人が「つい実況中継みたいになっちゃう」と書いていたが、
そんなもん? わりとあっさりと書いてるのかな?
でも読者を官能的な気分にさせなきゃいけないでしょ。
書く方だってそれなりにそんな気分にならなきゃ書けないのでは?
誰か教えて~。

2006年11月 6日 (月)

はじめまして!

数ヶ月前から、ブログをやってみたいなと思いつつも迷っていましたが、
思い切って始めてみました。
ココログを選んだ理由は、良いテンプレートが多かったから(^^)
機能の違いとかよくわかんないし。
なので、季節や気分でテンプレートは変えていこうと思ってます。
まずは、季節に合わせて紅葉です。秋のイラストって好き~。

トップページ | 2006年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月と星と

クリック募金

  • クリックで救える命がある。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ